2017_01
02
(Mon)06:40

マニ44を組み立てる  その1

まに441

本日は本来の鉄道模型に戻りまして先日9か月待たされて
ようやく年末に届いたマニ44型荷物車の制作に入ることにします。
もともとキットというのは個々に癖がありまして、そこん所をよく理解
してから組まないと後々なって取り返しが付かないことがあります。

今回のキットは私にとって初めてのメーカーであり、どのような構成に
なっているのか事前発表の内容ではわからなかったし4両も買って
しまったので詳細を知る意味で1両のみ先行して組立てます。



準備の一つ

家電やパソコンの説明書は読まないけど、キットはそうは行きません。
私の場合、机の上に説明書を広げるのはイヤなので画像のような
スタンドにセットして、いつでも見れるようにしています。


台車1

このキットは車体は塗装・印刷まで済んだ半完成品でして組立は
主に床下と足回りだけなんですが、「走る模型」としているので
いい加減に作ると後で泣きを見る事になります。

まずは最も重要な台車の組立の為、ランナーから必要部分を
切り出したのですが・・なんか要らない部分が半分以上残ります。
よく見ると別形式の台車もモールドされているので他形式キットと
共通のランナーのようです。

ディスプレイ用の車輪までモールドされているのですが何故か
車軸部分は無いと言う、これまた謎な設計ですねこれ。
どのみちボルスター部分は1つしか無いので2種類の台車が
あっても1つしか使えないのでゴミにしかなりません。

使えないオマケほど無駄なものってあります?

まあ、いいや。


せつめいしょ

台車の説明書をじっくり読んで見て手順を頭に入れます。
普通のプラモデルと違って1枚展開図なので場所は解っても
順番は書いて無いのでちゃんと理解しないと失敗します。

組立にはネジも使いますが最も負荷のかかる場所に接着で
しか留められない部分があるのも少々不安があります。
特に台車外側のブレーキシュウなんて接着部分も小さくて
走行中に失くしてしまう可能性が大だったりします。

走らせる模型として設計したのでしょうか?

別部品にするメリットなど何も無いので軸受部と一体に
して成形したほうが、よほどマシだと思うのですが・・・・



車輪2種

そして台車を組み立てるにあたって最も注意しなければならない
部分が2種の規格のうち、どちらに準拠しているのかです。
画像の車輪、同じように見えますが軸端間が0.5mm違います。

16番鉄道模型界では40年以上昔から何故か2種類の
規格があって、ちゃんとどちらかに合わせた台車でないと
使えないから困る場合が出てきてしまいます。

カツミ規格の24.5mmと日光規格の25mmがあるのですが
説明書にはボルスタ部品を削って調整しろとありますので
恐らく長めの日光規格になっているのかな?

本音を言えば7000円もするキットだから
車輪くらい付属してろよと言いたいけどね。^^;



修正接着

バリを削った後、揺れ枕(中央のバネ部分)の裏にナットを
封入して接着しますが完全な接着の為にクリップで抑えて
半日以上放置することにします。

そうしろとは説明書にありませんがゴム系接着剤の場合は
しっかり圧着しないと寸法が狂い、後の組立に支障がでたり
必要な強度が得られない場合が過去の経験であるからです。


さて本日は家族サービスをしなければなりません。
早朝5時からの「おはよう工作」の時間は終わりです。
続きは帰ってからですがお出掛けで疲れて今夜は・・・・・・

無理のような気がします。^^;



2017_01
01
(Sun)12:00

2017年 新年のご挨拶

あさひ
実はこの画像夕日だったりする。^^

新年あけましておめでとうございます。

昨年はほとんど記事が書けず、アクセス数も半分以下に落ち込み
ほぼ機能していない状態でしたが心機一転して本年より再開です。

さて昨夜は深夜3:00に友人宅より帰宅したのですが、どうにも
寝付けないまま朝を迎えてさてどうしようかと思ったところに宅配便。
年末に酔ってポチしたものが昨日に続いて届いたようです。



1483235602709.jpg

密林の常で中身より異常に大きな箱・・・だと思って開封したら
あらら結構ぎしっり入ってたりします。


すなっぷ

これが何かと言うと自動車のスマップ・・・もといスナップキットです。
通常のプラモデルと違って極一部に接着剤を使いますがほぼ
はめ込むだけで完成するキットです。

骨格にダイキャストを使ってるだけあってお値段16200円と少々
高価なので手を出しかねていましたけれど密林で53%オフの特売を
見つけてこのたび買う気になり躊躇せずポチりました。



コペ完成

パックされた部品を壊さぬように開封に慎重になりましたが始めて
1時間少々で画像のダイハツ・コペン エクスプレイが完成しました。
ダイキャストのおかげで重量もあり、なかなか見栄えがするキットです。

私は一応、鉄道模型がメインですが気分転換の為いろいろ手を出します。
プラモデルに至っても軍艦・戦車・車・バイクってところで飛行機やお城は
あまりやったことがありません。

今回クルマから始めたのは実車が購入候補の1台であり立体が
欲しかったのです。 他の候補はまだ模型が存在してるのかどうかすら
知りません。 とりあえず最初に目についたコイツを購入しました。


何はともあれ皆様本年もよろしくお願いします。
2016_12
29
(Thu)06:32

2016 最後のご挨拶

らびっと

しばらくお休みを頂きましたが新春より再開したいと思います。
お暇なときにでも覗いて下さいね。

貴方にとって来年が良い年になるように。


                りゅーでん管理人
2016_10
02
(Sun)21:24

読者の皆様へ

かたじけない

つい先日、ブログ休筆を発表したのにかかわらず毎日アクセスが100以上
頂いていて感激しています。

なるべく早く復活するように心がけます。

本当にありがとうございます。

    

           りゅーでん管理人

2016_09
18
(Sun)19:45

お知らせ

なし

しばらくの間、当ブログは休載します。

10年続けてきて、ここらで一息したいと思います。

なるべく早い時期の再開を目指します。


※ご意見等は受け付けます。
2016_08
16
(Tue)12:36

北欧の軍備購入

飯盒炊飯す。

キャンプと言えば飯盒炊飯に限ると10歳の時の野外教育で習ってから
今日までの43年間それを信じてここまで生きてきた。
現代ではコンビニもあるし各種レトルトだって進化している。
それでもわざわざ旅先で米を炊くのは何故かと言われれば・・・

その方が確実に美味いからである。

火加減やタイミングなど、それなりに慣れが必要になるがガスストーブ
などのキャンプ用火器も大変扱いやすくなって上手くできるように
なるまでさほど苦労もしなくなった。

最大の欠点は一度火にかけると常に火の加減や鍋の具合を見張らねば
ならず、その間に他の作業がかなり限られたものになってしまう事。
米を炊くことは上手くなったけど、そのジレンマが長年あったことも事実。
そんなある日何気なくネットを見てるとこんな記事が載っていた。

メスティンとポケットストーブなら
ほっといても旨い飯が炊ける。


長年旅を封印していて最近の事は浦島太郎なオイラ。
さっそくメスティンとかポケットストーブってなんぞや?とばかり検索。
どうやら北欧製のキャンプ道具らしい。


メスティン1

さっそく密林にて購入しネットで使い方をレクチャーしてみた。
要はスウェーデンの軍用食器(鍋)でアルミで出来ているため熱伝導がよく
これがキャンプでの炊飯に向いているらしいのだ。

スウェーデン人が米を炊くとは思えないので応用として生まれた方法なの
でしょうかね? 

さて軍用だからなのか、手抜きなのか知れないが縁が大変荒くて
このままでは怪我をするので紙やすりで面取りバリ取りをします。
これは愛好家の間では当たり前の儀式として知られている。

そしてもう一つ重要なのが・・・・


ぽけすと1

これでつ。


ポケスト2

このようにパカッと開けて真ん中に固形燃料を置くとストーブに!
もちろん一度火を付けたら火力調整などは出来ません。
ホントにこれで大丈夫なのかな???


炊飯準備

悩んだところで試して見なければ何もわからんので準備を進めます。
研いだお米1合に水をリベットの中央まで入れて30分放置します。


たきます。

あとは火をつけたコンロに載せて放っておくだけです。
ちなみに固形燃料は100均で売ってる25グラム(3個入り)ですが
人によっては20グラムでも良いと書いてある記事もあります。


むして

点火後20分弱、蒸らしに15分で完成しました!!
まったく焦げ目もありませんし余分な水分も残ってません!!
そして美味しさの証明でもあるカニの穴もバッチリできてます。


おかずいれる

米を味わうならオカズはシンプルな方がいいのでイワシの缶詰。
そしていよいよ待ちに待った実食です。


美味すぎる~(((o(*゚▽゚*)o)))

例え10万円の最高級炊飯器を使ってもこの味は出ないと思います。
やはり電気じゃ限界があって火で炊くご飯にはあと100年敵わない。
もちろんこれで次の旅からの採用決定です。^^

本当のメリットは炊飯中に手が空くので、その分オカズ作りに集中できる
ことですが、+美味しくできるなら文句はありません。
メスティンにはもう少し大きいのもありますが1,5合までなら炊けますし
従来の飯盒よりもコンパクトになるので荷嵩も減らせます。



炎天下のガレージで頭丸めたオヤジが水かぶって暑さを我慢しながら
ご飯を炊いているのはあまり絵になりませんのでマネしないでね。(笑)



2016_08
04
(Thu)21:02

愚痴になります。

意味ない

ここのところ持病の片頭痛が酷くて活動停滞気味です。
正直仕事すらまともに出来ない状態であります。
診療受けても検査しても 「そりゃ仕方ない」 と言われる始末。

去年の今頃は北海道ツーリングでテンションMAXだったんですけどねえ。
どうにもならないのでただ通り過ぎるのを待っています。
2016_07
18
(Mon)20:09

岬でRUN

コンビニ寄る


暑いですねえ~
(´Д`*)

どう考えても一昨日くらいから梅雨が明けてるようなんですけど
いまだに天気屋さんからの発表ないねえ。(18日AM6:00現在)
内部では議論しているんでしょうが譲れないプライドでもあるのか?

さて3連休の中日の日曜日、早朝5時半自宅出発のプチツーリング。
目的地は約100㎞先の静岡県御前崎を目指しています。
早朝出発は私のツーリングの常ですけど今回はイベント参加で
時間が決まっているので遅れるわけには行きません。

1時間半ほど走ったところでコンビニによりおにぎりで朝ごはん。
片道100㎞の走行は49歳になったウサ姫にはちょいと過酷かも
知れませんが今の所、機関順調です。


会場に到着 

午前9時に会場である「御前崎マリンパーク」に到着。
5月に名古屋で参加した「鉄スクーターミーティング」につづくイベント。

「鉄スクーターRUN」に参加です。^^

似てはいますが主催者が違いますし、こちらは集まった全参加者による
パレードランがあったり参加が無料だったりします。
ただ、場所が遠くないだけに(それでも名古屋までは160㎞あるが)
5月に見かけた方もかなり多くいましたね。^^

歓談タイムから始まって30分ほどのパレードラン。
じゃんけん大会による景品争奪戦など短い時間でしたが楽しめました。
主催者によると今年で5年目との事。

私も長くイベントの主催者をしてますから参加者に楽しんでもらおうと
ご苦労されてる感が良くわかりました。
始めちゃったらやめられない気持ちなんて特に。^^

旧車オーナーとしてはまだ1年生のオイラですけど皆さんから
いろいろ吸収して終の趣味となるよう一杯遊びます。


※当日の動画がupされる予定ですが後日追記にてお知らせします。






2016_07
04
(Mon)17:58

キーンしに行く。

ときわ

本日は有給消化日。
朝から工作再開に向けて部屋の整理をしていたが、あまりの暑さに
2時間ほどで手が止まってしまい、やる気が無くなってしまった。

部屋の温度計は35度を超えている。

こりゃタマランとばかり愛車で走る事5分と少々。
我が町の老舗甘味処である 「トキワ」 さんに到着しました。
実は豊橋でこの店を知らなければモグリと呼ばれるほど有名な
店でして私も小学4年生の頃から43年も通っているのである。


ときわ2

店構えも当時と何も変わっていないし中の様子も昔のまま。
あえて変わったところと言えばテレビが薄型になったくらい。
時計も椅子もテーブルも小学生の時のままなのである。


ときわ3

ここの人気は近くのプールや運動場に来る学生さん向けに
値段が安いこともあるけど、やっぱり美味しい事。
特にソフトクリームは古い機械を使い続けていることもあって
他では出せない濃厚な甘みが楽しめるのだ。

いつもはクリーム小豆が私の定番メニューだけど今日は
あまりの暑さにかき氷を頂くことにしました。
ガラスの器ではなくなってしまったのがちょっと残念だけど
他では味わえない素朴な昔ながらのレモンかき氷。^^

昭和の大衆店のままのここには冷房が無い。
いや、だからこそかき氷が美味しく頂けるのである。
2枚目の画像の通り、店内に扇風機が3台あるだけである。

汗をかきながら食べるのがいいのだ!

しかし残念なことに店主も高齢化し今も店に出てはいるが
メニューを絞って開店時間も短縮している状況である。
最近はお孫さん?と思われる人も店にいるが存続は厳しい。
市営プールの移転で客が激減してしまっているからだ。
何度も閉店のウワサがあったくらいである。

既に近所の駄菓子屋や銭湯や商店街は無くなり
ここだけが私の少年時代のままの姿を残す唯一の店。
どうかその暖簾を守り続けてほしい。
2016_06
25
(Sat)12:12

苦しいスタート

コラボする

3年半ぶりの工作スタートは台車のシルエット向上から。
日光モデル製の台車をアクラス製の分売部品を使って精密度をUP。
もちろんメーカーも素材も違う2つの部品はそのままでは付かない。

日光モデル製にも後付のブレーキシュウが付属してるのだが
ダイカストという素材の制限上、細く精密には限界があるので
アクラス製のプラ成型部品を流用するのである。



加工開始1

まずはブレーキシュウ側の取付リブを削った後に1mmドリルで
穴開けし、その後1・5mm → 2・0mmと順に広げていく。



ボルスタ

台車ボルスタ側にも穴を開けるが1mm→1・5mmの後は
2mmタップを切りブレーキ部品をネジ止め出来るようにする。
とまあ、これで組み立てれば工作終了とお手軽に思えたが・・・


そうは問屋が卸さない!


実際に組み立ててみるとプラとダイカストがあちこち干渉し
車輪の転がりや上下の動きを阻害してしまっている。
プラだから短絡の心配は無いけれどこれではまともに走らない。

通常のプラモデルみたいに静態鑑賞が目的なら問題ないが
鉄道模型は走ることが前提なので足回りの不備は大問題で
これをクリアしないとどこにも走らせに持って行けない。

再度バラして削ったりして微調整すること1時間。
最初のは穴位置のズレで修正不可能なので結局放棄。
2台目により慎重に加工してどうにか合格点を出せた。


前後

右が製品のまま、左が追加加工後である。
足回りのスカスカ感が無くなり見ごたえある外観となった。
とはいえ線路に載せてしまえばほとんど見えない場所になる。

持ち上げてひっくり返し眺めた時にニタニタする為だけの工作。
まあ趣味の世界ですからどこで自己満足するかは個人の勝手。
他人に見られない所でニタニタするくらいは許してくだされ。^^

それにしても3年半もろくに手を動かしていないと勘が狂ってる。
道具の場所も判らないし何をするにも加減がわからない。
頭では出来るつもりでも体は忘れている。

それに老いが追い打ちをかける。

もうね目なんかショボショボで手元なんか見えやしない。^^;
2mmのビスを掴むのにもアタフタする始末で単純な耕作ながら
加工と調整で結果が出るまでトータル2時間近くかかってしまった。

これから少しずつでも進めていけば勘も戻るかも知れない。
台車は2台1組なので、もう一組加工しないと完成にはならない。
だけど今日はもうヤル気がない・・・・。


想像以上に疲れました

楽しかったけどね。^^



2016_06
12
(Sun)20:07

J.K.りゅーでんぐ

USJ1

大阪にあるUSJとやらに家族と行ってきました。
以前から妻が行ってみたいと言っていたことと、たまたま勤務先の
組合の50周年記念事業で従業員貸切という偶然が重なったので。
車で3時間半、ホテルに車を置いて電車で1時間かけて到着です。

その気になれば日帰りでも来れる距離なんですが、これまで
一度も来なかったのはそれなりに理由がありましてですね・・・

実は私、洋画はほとんど見ないのです。

嫌いというほどでも無いんですがあえて見る気がしません。
このテーマパークであるのはテレビ放映になってからの
ジョーズだけなんです。^^

ですから今回は100%家族サービスの運転手役。
それでもせっかく行くのですから何か楽しみが無いと・・
そうだアレがありますね基本遊園地ですから。



フライング

今年3月に出来たばかりの絶叫系コースター。
もともとスリルが好きで当時日本になかったバンジージャンプを
やりたい為だけに新婚旅行先をニュージーランドにしたほど。

とは言っても妻がこの手は大の苦手でして結婚してからは
乗る機会がほとんどなくてモンモンと長い時間我慢してました。
まあ別に家族が乗らなくても一人で乗ればいいだけなんですが
中年オヤジが一人で乗っても、そこには寂しい姿でしかない。

それが今回はこの旅行に同行した長男も妻も乗ると言い出した
ので晴れて20数年ぶりに味わう事に。
お目当てだったハリポタを堪能してハイになっていたらしい妻。


で・・・


バンジーを自ら好んでやる私ですから自信があったのですが
実際に経験してみたら、これが想像以上に怖かったのです。

んぎゃー

おおおおおー

ををん!



いい年したオジサンが声にならない声で半パニック!
家族の前で恥ずかしいとは言ってられません。
私の知らない20年の間に絶叫マシンは遥に進化してたのです。

終わった時にはフラフラになってしまい、残りに予定していた
アトラクションもキャンセルしてホテルに帰ることにしました。
一緒に乗っていた妻も長男も同じ有様。

りゅーでん家玉砕しました。


ホテルに帰り着いたのは23時過ぎ。
そのままベッドに沈没しました。





2016_06
08
(Wed)21:13

2016夏 花月園運転会

向かう伊豆

先週の週末は年2回恒例の伊豆修善寺での運転会でした。
2代目を引き継いで16年目、本来は4月開催が正規ですが
いろいろあって遅れに遅れて初の6月の開催となりました。

まあ毎回の事なので事の顛末をツラツラ書いてもつまんない
ので今回は参加車両の紹介にとどめたいと思います。
参加者の方は秋田・埼玉・東京・神奈川・愛知・滋賀・岡山と
1都6県から総勢23名でした。

ゆに2



まずは今回の大集合のテーマ 「ユニ客車」 です。
昭和61年にトラックに輸送を奪われ廃止されましたが30年以上
経った今でも愛好者は絶えない郵便・荷物用客車です。

集まった車両は予想をはるかに超える150両!
半世紀を超える16番スケール鉄道模型の世界でこれほどの
ユニ客車が一度に揃ったのは、あらゆるイベントの中でも
史上初の快挙ではないでしょうか! ^^


157

大集合につづく 「プチ集合」 のテーマは157系電車。
実車は試作的要素が多く、編成上の制限と数の少なさで
転用が難しく登場から僅か17年で活躍を終えた不運でしたが
こういった車両に想いを寄せるのは私だけでは無いんですね。^^
実車は皇室用を含む32両がありましたが模型はそれを超える
44両が集まってきました。



NK

本来はこの運転会の今回のお題である 「日本急行」シリーズ。
10年以上前に競作テーマとして誕生した電車の復活会です。
かつては専門誌にも取り上げられたのでご存じの方も多いかな?

この日本急行は実在する電車ではありません。
モデラーの皆様がそれぞれの想いを胸に夢想した仮想電鉄の世界。
朱色と黄色のカラー、旧型国鉄電車の足回りというルールに従って
制作されました。

実物の存在しないフリーランスは軽視する方もいますけれど
実は模型センスと制作力量が問われる大変高尚な世界です。
存在しないモノをいかにもありそうに見せるには実物をトレースする
スケールモデルの世界とは明らかに違う感性が必要になるのです。

まさに夢をカタチにした世界です。

この他にも多くの車両が集まり、モデラーとして幸せな2泊3日でした。



※ 今回はコンデジの調子が悪かったので参加モデラーさんから
   許可を得て、画像を借りて掲載しました。





«»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。