2016_04
09
(Sat)06:12

「銀の旅」 夫婦台湾旅行 1日目の3

りゅうざんじ

台北101を出た後はこれまた台湾観光では定番?らしい龍山寺。
さほど大きなお寺ではありませんが熱心な仏教徒の多い台湾人
にとって、とても大切な場所らしく現地の参拝客も一杯です。


りゅうざんじ2

当初は順路の混雑がすごくてカメラを取り出す気にもなりません
でしたが、しばらくして団体さんが途切れたところで内部を1枚。
妻はガイドの除さんに台湾式お祈りの手順を教えてもらって
なにやら真剣に手を合わせてました。


ちぇっくいん

午後三時を過ぎたので、まだ夜の部の観光もありますが
一旦ホテルにチェックインすることにして、ここでガイドの
徐さん(言い忘れましたが女性です)とお別れです。

このツアーでは3つのクラスからホテルを選べますが(料金差あり)
まあ無難にと我々が選んだのは真ん中グレードで市中心部にある
台北アンバサダーホテルです。


部屋1

どうせ寝るだけなのですが、せっかくの海外旅行だし3泊ずっと
滞在するので、ある程度の居心地良さも必要と感じました。
日本円にすると一人一泊15000円位になります。


謎の扉

さてと夜の部までまだ時間があるのでホテルから歩いて
5分のところにある、とあるお店に行くことにしました。
徐さんが別れるときに教えてくれた台湾名物のお店です。

いやまだ今日到着したばかりだし

とも思いましたが何事も経験!とばかり体験してみる事に
そうです食べ物屋ではありませんよ。^^

詳しくは次回!



1日目の4につづく


2016_04
06
(Wed)21:43

「銀の旅」 夫婦台湾旅行 1日目の2

着陸

台北桃園空港に無事着陸しました。
台北には空港が2つあって郊外にあるのが今回着陸した桃園。
もう一つは市の中心部にあってこちらは松山空港と称します。

日本で言えば成田と羽田みたいなもの

台湾との時差は日本より1時間マイナスなので現地は正午。
機内で昼食は済ませているのでこれから市内観光です。
空港を出ると旅行会社の現地人ガイドの除さんが待ってました。

今日のホテルチェックインまではガイドの除さんと
運転手の李さんの2名で我が夫婦だけの為だけに1台の
クルマで空港から市内に向かいます。

一応団体ツアーなのですが選んだ空港会社によって多少の
待遇の差があるらしくJALを選んだ我々は1台専用で
チャイナラインやLCCを選んだ人達は大型バスみたいです。

料金の差がちゃんと反映されるんですね。^^

まあそれも今日半日だけの差ですけど。



101

最初に行ったのは台北来たら外せない台北101。
かつては世界一だった100回建ての商業ビルでございます。
ようするに高層建築だと言うだけでこれと言って特徴も無く
内部は我々には無縁の海外高級ブランドの店舗が並びます。



展望席

それでもせっかく来たので世界一高速の東芝製エレベーター
に乗って最上階に近い展望フロアに向かい下界を眺めます。
この日は曇りでPM2.5の警報も出てたのですがなんとか
高さを感じる足元の街並みは見ることが出来ました。

ガイドの除さんは日本留学経験もあって流暢に説明して
くれるのですが何分にも話すスピードが速くて聞き取れない。
これは中華圏特有の体質らしく、現地の方も皆そうでした。

聞き直すのも悪いと思い頷いてましたが。^^;


30分程展望階で過ごした後は次の観光地に向かいます。




1日目の3につづく。


2016_04
04
(Mon)11:46

「銀の旅」 夫婦台湾旅行 1日目の1

空港出発

半年前から計画していた銀婚式記念の台湾旅行。
いよいよ2016年3月31日の出発の日を迎えました。
午前7時40分の集合に間に合わせるため早朝4時に起床。
最後の支度をして路面電車の始発に乗って豊橋駅へ。

駅からは名鉄電車に乗って途中電車を乗り換え、
セントレア(中部国際空港)に着いたのは7時20分とギリ。
以前はバスも電車も直通があったと記憶してますが
利用者が少ないのか現在は無く、家から2時間かかります。



737-800

乗機する飛行機はJAL821便で機体は737-800型。
ファーストクラスの無い中型の飛行機で飛行時間は
3時間弱と国内線の長距離路線と大差ありません。
海外と言えばジャンボだった時代は終わっています。

※あまり経験ないので私的なイメージです。^^




翼

出国審査・荷物検査を済ませて機上の人になりました。
国内海外合わせて15回ほど搭乗経験がありますが
なぜか主翼の付け根の近くの座席になることが多いです。
いつもエコノミーという事もありますが。

この席は窓から景色はアクセントあって良いのですが
飛行機の主翼って結構上下に反るのが見えるので
時には心臓に悪い程不安になるときがあったりします。^^;



機内食

乗ること自体は好きではありませんが楽しみなのは機内食。
国際線としては近距離なのでボリュームあるようなモノは
出ませんし選択の種類もありませんが、なかなか美味しい。
宗教の差が少ない魚介もの使った軽食が多いみたい。

飲料はアルコールも選べるのですが到着がお昼だし
ホテルのチェックインまで観光もあるので控えました。
それに私、ビール飲むと極端に近くなるんですよね・・・

機内でトイレ行くのも面倒だし (爆)




寝不足

ところでこの日の機内は木曜日のせいなのか年度末の日
のせいなのか判りませんが人気の台湾路線なのに人が少なく
全体を見回しても乗機率50%くらいとガラ空き状態でして
CAさんも自由に席移動や利用をしてくださいとアナウンス
されたのもあって早起きの疲れもあってカアチャンは3席分
占拠してお昼寝してました。



着陸

台湾の街並みが見えてきました。
パッと見る分には車が右側通行しているくらいで他はあまり
日本とあまり変わらない印象を持ちました。

間もなく着陸のようです。
これからの4日間、何が我々を待ち受けているのでしょうか?
海外不慣れな夫婦の珍道中が始まります。


1日目の2につづく





2016_03
27
(Sun)20:19

銀の旅  準備ほぼ完了編

スーツケース

4日後に迫った夫婦での台湾旅行。
本日までにほぼ全ての準備が完了しました。

オイラは長男からスーツケース借りたけど嫁は新品を新調。
その他にも着てく服が無いとか言う女性特有のお買いもの
などもあってパスポート代なども含めれば約10万円の出費です。

若い頃の貧乏旅行が身に沁みこんでるので旅先で毎日服を
変えるとかの発想は無くて3日分の肌着下着と靴下さえあれば
良いと思ってるオイラとは女性は違うんですね。

まぁ、嫁の為に企てた旅行ですから何でもイイや。


後は旅行中ケンカしないように下僕に徹しますですハイ。^^;


2016_02
25
(Thu)22:17

「銀の旅」 予告編


昨年の9月に職場の上司に突如呼び出されて
「今日の帰りに組合事務所に寄ってくれ」と告げられた。
確かに私も労働組合に所属する1会員だが組合で役も無いし
建屋の外れにある組合事務所なんて、まず行く機会が無い。

「ヤバイな、俺何か悪い事バレたか?」

いや、もちろん何の心当たりも無いのだが。^^

りょけん



恐る恐る事務所に入って受付のお姉さまに名前を告げると
画像の封筒を手渡されてようやく理由がわかったのだった。
昨年の5月に勤続20年だったのだが遅れに遅れて今頃
会社からのご褒美が届いたのだった。

※正確には支給のお知らせが9月で実際に手渡された
  のは12月末でした。


わが社では勤続5年ごとに何らかの支給があるのだが
それまでは1万円程度の商品券だったけど20年になると
会社と提携ある旅行会社の金券と一気にグレードアップ。

その額20万円分!と決して小さくない

ただし旅行券だから旅行以外には使えないし本人と
血縁か同居家族に使用が限られるのだ。

ちょうど良いことに年が明けての今年はちょうど
オイラが妻と結婚して25年目になる。

世間一般で言う銀婚式の年!
20周年の時に飛騨高山に旅行して以来の
夫婦二人旅にこの旅券を充てることに決定しました。

まず悩んだのが行先
ひとり辺りの予算が10万円で、休みは取れても3~4日。
これで一体どれほどの旅行が出来るのだろうと悩みました。
当初は沖縄も候補に挙がりましたが夫婦で話し合った末に
決めた行先は・・・・・


パンフ

てゅわいわ~ん!!


既に申し込みも終了し3月31日より3泊4日に決定です。
日程は短くてもゆっくりしたいので3泊とも台北市内の同じ
ホテルに滞在しそこを拠点にうろつくツアー。

新婚旅行以来25年ぶりの海外渡航。
楽しみやら不安やらありますけれど決まった事です。
どんな旅になるのやら・・・・・。

え、不安って何かって?
そう、オイラは船でもバスでも電車でも乗り物は大概平気
なのですがアレだけがどうしても苦手なんです。


飛行機に乗らなきゃならんのが。^^;


まあ、沖縄選んでも変わらんけどね。







«
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。