--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015_10
10
(Sat)20:10

北への男旅 エピローグ1

お花畑

長い旅が終わって早2カ月が過ぎようとしています。
あわただしい日常生活に戻ってみると、あの17日間が
まるで嘘のように感じてしまうほど現実感がありません。

覚めない夢の中にいる気がします。

でも体と心に残る心地よい感触が

俺は本当に行ってきたんだと解る。

長年会えなかったあの人に会えたし

自分でもびっくりするくらい心が裸になって

思いっきり喜んだし枯れるまで泣いた。

人生の極みを味わって来れたんだ!!


その実現の為に失った信用もあったし軽蔑もされたさ。
でも旅の喜びが解らない人に何言っても無駄だから
俺は言い訳もせずに黙って耐えてたんだ。

一度もレールを外れたことなく世間が用意した
道が正しいと思って生きるのはあながち間違いじゃない。
ただ俺は納得できなかった一人なのだ。

自己を通すというのはどの世界でもリスクはある。
楽に便利に角立たず安全策に生きるのも知恵かも知れない。
我慢さえすれば立場とかお金が保障されるからと。

ただ俺はそれがキライだ。

そりゃ家族がいるから死ぬような無茶はしないさ。
自分の置かれた立場で何が出来るか何が実現できるか
極限まで考えて安全策は捨ててもまず実行してみる。
出た結果は自分で責任を負う覚悟が必要だが。

ゲーム・パチンコ・パソコンも大いに結構だが
それだけの人生でお前は本当に満足なのか?
楽しむこととストレス解消は根底の部分が全く違うぜ?
そう思う輩は身の回りに何人もいるけど言わないけれど。

器用に立ち回り世渡りが上手いね!なんて男にとって
最大の侮辱だということを今の若い人に気付いてほしい。
男なら不器用のまま突っ走ろうぜ。

とにかく手段は別にして一度普段の環境から自分を
離して自分と向き合って人生を考えようよ。
俺の場合、旅という手段が最適だっただけだ。



あっれえ?

旅のエピローグになってないな。

酔っ払いオヤヂの戯言になってやんの。(w








スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。