--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015_08
31
(Mon)05:29

北への男旅 8日目

ばっかす内部
※画像は前日の到着時のものです。

男旅8日目になりました。
この旅初めての休養日なので本日のバイク走行なし。
毎日バイクで移動し続けることは想像以上に疲労が
溜まるみたいでここ2~3日朝起きるごとに実感してました。

帰る船が決まってますので昔のように好きなだけ休養って
わけには行きませんが、できるだけ道内での日程に余裕を
持って計画しこんなこともあるだろうと思ってたので
まだ想定内の計画変更であります。

そして疲労もそうですが出発時に痛めた腰が悪化し始め
たのと昨日テントが壊れたので今後どうするか考える
時間が欲しかったという理由もあってです。



海鮮丼1

そうは行っても1日中宿の中でゴロゴロしてるのも
なんなので稚内市内まで散髪に行くというご主人の
クルマに同乗して市内散策と昼食に出かけました。

駅前でクルマから下してもらってまずは昼食です。
腰が痛くてあまり遠距離は歩きたくないので駅近くの
海鮮市場で海鮮どんぶり1680円也。

これがなんと旨くない・・・

ここのところの悪天候で漁に出てないからなのか
期待したほどの鮮度もないし味もなんかもっさりしてる。
このレベルなら地元で食べても変わらない。



稚内駅

昼食後、稚内駅周辺をぶらぶらしてると何かがおかしい。
上の画像を見て何かお気づきになることはありませんか?
そうです8月の観光シーズンのお昼時だというのに・・・・

人がほとんど居ない!

私の知ってる25年前の稚内駅前は旅人で溢れていました。
駅前には常に10台以上のバイクが停まり、構内は大きな
バッグを持った旅行者でごった返していました。

それが今回は周辺どこを見てもガラガラ・・・そういえば
先ほどの昼食時も店内にいた客は3~4人くらい。
中国人だらけのツアーバスはそこそこ駐車場にいましたが
いわゆるそれ以外の旅行客がほとんどいないのです。

駅周辺は再開発され当時と比べて立派な駅舎や
大きなホテルが建ち、道も広げられて綺麗になりましたが
その広さが余計に人の少なさを強調しているようです。

迎えに来た宿のご主人のクルマに乗り、そんな感想を
話すと稚内も人口の減少が激しく、国内旅行客の激減と
あって昔日の賑わいは望めないとの事を嘆いてました。

そんな先行きが見えているにも関わらず大規模な再開発を
したおかげで行政は大赤字に転落していてこのままでは
第2の夕張になりかねないらしい。

事実、港にあった10数回建ての大きなホテルは営業は
しているものの既に当初の経営会社は撤退し現在は
別会社になっていますが集客は芳しくないそうです。

確かに本州からこの北の果てに来る時間と費用を考えたら
近場の海外に行く方が遥にいいと考える人が多いでしょう。
LCCが発達した近年はなおさらそうなんでしょうね。

あと鉄ちゃんとして一言書かせてもらいますが
立派な近代ビルになった稚内駅は少々やり過ぎ感が。
大体ホーム1面線路1本しかない駅にこんな立派な建物は
全く似合いませんね。

昔の最果感たっぷりの情緒ある駅舎の方が数倍好きです。
古くなったから立て替えるのは仕方ありませんがもう少し
需要に合わせたものにならなかったのか?


ところで壊れたテントは結局修復を諦め、自炊道具以外の
キャンプ用品は自宅に送り返すことにしました。
この先は全て宿になりますが自分の身体の状態から
致し方ないとの判断の結果です。

さすがにこれは想定外でしたけどね。^^;

やれやれ・・・



9日目につづく


スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。