2015_08
25
(Tue)01:21

北への男旅 4日目 



男旅も早4日目になりました。
この日の移動も富良野まで160km程と少ないので朝はのんびり。
友人宅を出発したのは午前9時少し前だったかな?

道が良く信号も少ない北海道では1日で500kmだって走れます。
もちろんその場合、体力が必要だし観光もしない条件ですが。
160kmならば3時間弱もあれば移動してしまいます。

しかしそれでは本当に只の移動で旅してるとは言い難い。
やはり一人旅の気楽さを生かして気に入ったところで停まったり
気になった道に入って行ってみたり自由に過ごしたい。


富良野の風景

私の場合巡航スピードは60km/hでほぼ固定。
北海道の郊外の平均速度としてかなり遅い。(法定速度なのに)
だから後ろから来るクルマにすぐに追いつかれてしまう。

とは言っても交通量が非常に少ないので邪魔にはならないし
ミラーにクルマが映ったら左に寄ってすぐに追い越させた。
そうオイラはスピードを求めてここに来たんじゃない。

踏み締めるようにのんびり走りたいのだ。

時には止まるような速度で景色を見ながら
時には地元の爺ちゃんのカブに抜かされて
でも頬に当たる優しい風が心地よく・・・



時計台ラーメン

のんびりし過ぎるくらいのんびり走って来ておまけに狩勝峠に
行くつもりがどこかで道を間違えて大回りして日勝峠を経由して
富良野の市街地に入ったのは午後1時過ぎ。

ふと目に入ったラーメン屋にて昼食を取ることにした。
街道沿い2軒並んだ店の片方は全国展開で地元にもある。
ならばと北海道ならではと道内チェーンの方に入ったが・・・。

残念ながら思いっきりハズレ。 (゚A゚;)

なんでも食い物は旨いとの北海道だが
そんなことは決して無いのである。



キャンプ場富良野

今夜の宿は中富良野にある 「星に手が届くキャンプ場」である。
富良野市内をぶらぶらした後、少し早いが人気あるキャンプ場
なので早めに行って今夜の城を作ることにした。



富良野夕食

午後4時には設置を済ませ再びバイクに乗って街に買い出し。
本当は自炊予定だったが出発日に痛めた腰がやや悪化し
立ったりしゃがんだりが辛いのでスーパーのお弁当で我慢。



富良野夕日

夕食とシャワーを済ませた後は旅のゴールデンタイム。
沈みゆく富良野の夕日を一人眺めがらの晩酌の贅沢な時間。
ファミリーサイトは賑やかですが一人旅用のソロサイトは
私含めて5組だけと、この夜は広々していて気持ちいい。

夏なので少し虫がうるさかったですが、それも日没後は
ほとんど居なくなって快適な夕涼みが出来ました。
明日の好天を願って午後9時には就寝。


※携帯電話のトラブルの原因は充電コードの劣化が
  原因で買い直して交換したら解決しました。




5日目につづく



スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント