--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015_08
18
(Tue)07:54

北への男旅 2日目 第2話

フェリーターミナルを出発して苫小牧の街を走ってると
四半世紀前との違いにすぐに気が付いた。
新しい自動車専用道路が出来ているのだ。

しかし旧道と並走していて道路標識が混在しているし
ナビもどうにもわかりづらく、どういけばいいのか
悩んでいると先の信号にお巡りさんがいるのが見えた。

これ幸いと一人のお巡りさんの横にバイクを停め
道を尋ねると何故か戸惑ったような顔をしながらも
まっすぐ行けばいいと教えてくれた。

礼を言ってバイクを発進させようとした時にふと見ると
お巡りさんの足元に何か見たことある機械が・・・
あれ?これってもしかして??

ネズミ取りしてたお巡りさんに

道を尋ねてしまっていたのでした。


そりゃ向こうは戸惑うわな。^^;
しかし人間困っていると周りは目に入らないんですね。



キツネ看板

市街地を抜けてしばらく走るとさっそく北海道ならではの
道路標識を見つけたので記念に1枚パチリ。
鹿やタヌキや熊などは本州にもありますがキタキツネは
北海道でしか見られません。

今日走るこの道は28年前に2度目の北海道上陸した時と
全く同じルートなんですが通り過ぎる街並みが一変していて
驚きを感じています。

寂れた漁村でしかなかったのにモダンな建物ばかりに
なっていたり自分の街でも見かける店があったりするし。
道路も拡張され狭くて暗いトンネルが長く綺麗なものに
なっていたり・・・。

当たり前って言えば当たり前の事なんですけどね。



日高

名馬の産地日高を過ぎたあたりか何だか涼しくなってきました。
山側の空は晴れているのですが海側は曇り、どんどん霧が
深くなってきてそのうち寒く感じるようになってきました。

耐えきれないと判断しバイクを停め、真夏用のメッシュジャケット
を脱いで春秋用のジャケットに着替えました。
結局この真夏用メッシュジャケットはその後着ることがなく
後に起こるアクシデントの際、自宅に送り返しました。



仙庭1

民宿に着く前に近くにある襟裳岬に寄ってからと思っていた
のですが余りに霧が濃くて何も見えないだろうから明日行くこと
にして、とっとと宿入りすることにしました。

実はこの宿は泊まりたいとの目的があって予め予約してました。
30年前の北海道初上陸の時からここには縁がありまして
次回はちょっとその辺の事書いてみたいと思います。



2日目 第3話につづく


スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

No title

いろいろありましたが無事生還致しました。
一切の記録をしなかったので写真を見ながら
思い出して書いてます。 ^^;

2015/08/18 (Tue) 18:28 | りゅーでん #- | URL | 編集 | 返信

おかえりなさい

無事のご帰還なによりです。

ツーリング記録、楽しみに読ませて頂きます!

2015/08/18 (Tue) 09:40 | May母ちゃん #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。