--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015_05
09
(Sat)13:17

西に向かってみる  4日目  その2

屋島

キャンプ場を午前8時に出発しました。
今回、四国へはキャンプ目的で上陸しただけなのでこのまま
本土に戻ってもいいのですが、いくらなんでも勿体無い。

高松観光に行くことに

高松と言えば28年前に四国に初上陸した時の最初の街です。
しかしその時は船を降りて(当時まだ橋は1つも無かった)
高松城をチラ見しただけですぐに松山に向けて走り出したので
あまり印象に残っていません。

とりあえず道路標識に「屋島」とあったので行ってみることに。
ご存知、源平合戦の舞台となったあの屋島のことです。

430円の有料道路代をゲートで払い、急な坂道を上って行くと
眼下に高松の街並と瀬戸内海の絶景が迎えてくれます。



屋島2

頂上の駐車場に着いたら島内の見学をします。
いくつもの仏閣やら仏像などが並べられた山頂の遊歩道を
1時間ほど掛けて周りましたが・・・なにか面白くない。

慰霊施設にしては妙に観光地かされ過ぎてて興醒めするのと
旅も4日目に入り、少し疲れが出てきたせいもあってですが。

旅なんて、そんな気分の時もありますがな。

さて今日は倉敷に住む友人宅にお世話になる予定なので
この先移動したとしても60km程とまだ時間はあるのですが
特に見たいものが他にあるわけじゃないので四国を出ることに。



うどん1

この時ちょうどお昼時間に近かったのでせっかくだから名物の
讃岐うどんを食べて腹ごしらえすることにしました。

維新直前の幕末、坂本龍馬が言った。

「本当に怖いのは薩摩でも長州でもない

あいつら讃岐人はうどんで首を絞めてくる!」


と言うバカ話を北海道のキャンプ場で話していた
奴がいたことを思い出しました。(忘れんもんだな・・^^;)



うどん2

最近でこそチェーン展開して全国に普及したセルフ式うどんも
28年前の時は四国独特の店で、注文の仕方すらわからなかった
私は列の後ろに居た見知らぬオバちゃんに教えてもらいました。
ぶっかけうどん(大)に天ぷら2つと揚げも付けたら740円也。

大変おいしゅうございました。

四国滞在時間わずか22時間。
さあこれより本四架橋を渡って山陽に戻ります。


4日目  その3に続く





スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。