--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015_05
07
(Thu)05:13

西に向かってみる  3日目  その2

角島2

角島大橋を撮影の後、橋を渡って角島島内に入り灯台へ。
島そのものは何もなかったのですぐに同じ道を戻って
とりあえず下関方面に走り出しました。

とりあえずと言うのは今回の最大の目的が終わったので
さてこのあとどうするかまでは何も決めてなかったのです。
山陰ツーリングと題ってますがすでにここからは山陽に。

選択できる今後のルートは2つしかありません。
このまま山陽を東上して戻るか、あるいは四国に入って
やや大回りしながら戻るかになります。

その時でした (`・ω・´)!!

走りながら四国に心残りがあることを思い出したのです。
2年前、リターンして最初のツーリングが四国だったのですが
体調不良と悪天候が続きキャンプ道具を持ちながら一度も
野営出来ずに帰らざるを得なかった悔しさを。

四国でキャンプリベンジだ!

さっそくスマホでキャンプ場を検索すると四国上陸してすぐの
場所にあったのですがテントの設置場所が砂地ということで
却下、となると時間的に奥地までは入れませんので瀬戸内海
沿岸でとの条件から高松市近郊のキャンプ場に決定しました。

しかしこの時既に昼近く、キャンプ場まで約300kmと遠い。
もう、そこしかないと決めすぐに有料道路にのりました。
しまなみ海道を渡り終えたのは午後2時半、しかしまだ
野営場所まで240km・・・・。

しまなみ海道 430
しまなみ海道にて

とにかく急ぐしかない!

暗くなってからはテント設営も難しいし何よりも管理棟での
受付が午後6時までと時間と距離から考えてギリギリなのだ。
夕食も最悪、手持ちの鯖缶と米だけになるかも知れないが
この際、贅沢は言ってられないのだ。

四国に入ってからは休憩も取らず高松道をひたすら走る。
幸いそんなに交通量は多くないのでスムーズには走れますが
だからといってスピード違反で捕まっては元も子もない。

安全を考えれば無理をせず今夜もビジネスホテルという手も
ありましたが、この先のルートと日程を考えても今日を逃すと
キャンプのチャンスをまたもや逃してしまうから必死でした。



3日目  その3に続く
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。