--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015_04
19
(Sun)22:13

第26回花月園運転会 2015春の部

花月園玄関

幹事として間もなく15年、26回目の花月園です。
思いつきで始めた事がここまで続くとは思ってもみなかったが
今では私の大事なライフワークになっているのです。

この15年の間に延べにして約500人、5000両以上の
模型が参加したことに計算上はなるのです。
チリも積もればなんとやら・・・ですねえ。^^



72系

毎回の事なので全容を紹介するには私のブログでは
物足りないので、ここでは私の持参した車両を中心として
ご紹介することにして更なる詳細は参加者のブログを
紹介することで補完して行きたいと思います。

トップバッターは茶色の72系電車4連です。
かつて中央西線の名古屋口にスカ色の73系がありました
が茶色はあまり東海圏では馴染みがありません。

模型は4両中3両がエンドウブランドで中間の1両のみ
古いカツミ製品を当社で再生したものです
かつては10両以上所有してましたがその殆どを
運転会仲間に譲って今はこの4両のみ残っています。


113系8連

久しぶりに持ち出した113系8連。
TOMIX製の初期ロットでして、もう10年以上前の製品です。
見た目ではわかりませんが車体内装に至るまで各部に
色入れを致しまして私てしてはかなり手を入れてます。



ED76500と51系

天賞堂製ED76500番台とエンドウ製51系客車。
今回の大集合のテーマ 「北海道型」 に合わせて
準備したもので、いずれの車両も関東のモデラーから
譲り受けて8年目で初めて走行させました。



347M

以前も登場しましたが347M時代(時代によって変わる)
の 「がきどん」 こと東京発大垣行きの夜行列車です。
私が20代の頃、東京の友人に会いにいくのによく乗った
列車で当時既に一部が165系が混成してました。

若き日の青春列車として長く記憶に残る名列車です。
模型的なバランスから混成時代ではなくあえて153系に
統一しているのは私の好みからです。

思いを反映してこその模型であって

必ずしも実物通りがいいとは限りません。


近頃はやたらに実車通りにとかマニュアル通りにとか
固執する御仁が模型界にも蔓延ってますが思いという
極めて個人的な領域に茶々入れて博識ぶってるオバカさんは
我会には決して参加できないのでどうかよろしく。(笑)


C58と14系

こちらも北海道型C58と本州型14系客車という実車では
実現不可能だった編成ですが相違な部分は脳内で変換して
眺めれば何の問題もありません。


               /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____   こまけぇこたぁいいんだよ!!
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /



9600と51

せっかくなので先ほど51系客車を9600蒸機で牽引。
これも時代的に両車が同時期に存在してないので模型ならでは。




大集合2015春

そしてこちらが皆で持ち寄った大集合 「北海道型」。
予想通りというか現実と同じく非電化車両が中心となりました。
全数の8割以上が実車の世界では現在では引退しており
模型としてその形を後世に伝えていくのも我々の役目です。



フリー電機

そしてこちらがもう一つのイベントである 「お題」 でして
今回のテーマは自由形電気機関車です。

実車がそもそも存在しないので作者のセンスが問われます。
頭の中だけにある自分だけの鉄道感を模型として具現化する
大変夢のある世界ですね。



EF64JR

最後に今回の互助会での私の戦利品であるEF64JRカラー。
通常の買い手募集形式の互助会と違ってこっそりと出品者と
取引する 「裏互助会」 にて入手しています。

物はアクラス製品のEF64一般型JR貨物色で出品者のD氏
かなりあちこちに改良の手を加えておられる逸品です。
裏取引とあってD氏の提示額より1.5倍以上の値で
引き取らせて頂きましたが、それでも交換してある部品の
定価にも満たない超お買得価格でした。



後日もう少し書くかも・・・・^^










スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。