2015_03
16
(Mon)10:42

残念な流行

昨日の日曜日、大掛かりだったバイク整備も終わったので
試走を兼ねてちょいとお出かけする予定だったけど・・・
どうにも天気が微妙なので残念だけど中止。

「ならアソコ行こう!」

店2


実は最近店舗建て直して大きくなったアウトドア用品の
専門店が街中にあるのですが有料駐車場を使わなければ
ならない事に躊躇してたので行かずじまいでした。
今なら原付あるので大丈夫かな?と初来店。

★厳密には原付でも駐車違反取られますが
  メイン通りじゃないので多分大丈夫でしょう。
  真似して切符切られても責任取りませんが。^^


期待して店の中に入ったのですが・・・・・
1階は登山用のファッションばかりでキャンプ用品は2階。
ならばと階段を上がってみると殆どが登山用道具ばかり。
目当てのキャンプ用品は隅っこにちょこっとだけ。

天は我を見放した!大げさですが(笑)

以前の品揃えと大きく変わってたのです。
そりゃあ登山ブームと言われる今、特化するのは仕方ない
ことなんですがあまりにも想像以上に5分で退店しました。

見れば客層も「今、登山ってオシャレよね」って言いそうな
カップルばかりで店員さんもブティック風のコスチューム。
以前の独特な雰囲気はすっかり失われていました。

コアなキャンプ用品を狙ってた私にはもう用のない店に
なってまして、これならば大型スーパーの専門店街に
行ったほうが品揃えは遥かにマシなんです。

かつては本当に好きな人しか来ないマニアックな
店も※注 メディアに踊らされた私の嫌いな大衆馬鹿
大手を振る巣窟に成り果ててました。

※ここでは流行でしか行動を選べない人のこと

そりゃあ今はそれでいいかも知れないけどブームが
終わったらこの店どうすんだろ?

慌てて元に戻しても以前の客は帰ってこないと思うよ。
まあ経営に口挟む気はなく一消費者としての感想だけど。
機能が充実したら次はオシャレという軽いノリに
正直オイラはついて行けない。

だから今、山にバカが溢れている

店側も安全重視の推奨ではなくて客が「これカワイイ」
言えば売らざるを得なくなるし下手に注意も出来ない。
客のレベルが下がると言う事は当然登山の質も下がる。
その結果が無理な計画や軽装による遭難なのだ。

登山用品にしろキャンプ用品にしろ本来は命を守る
機能こそが優先されるべきで、それに関わる者は充分な
知識を持って挑まなければならない世界だということ。
いつからこんなライトになっちゃったんだろう?


「俺が古いのかな?」


でもなあ・・・



スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント