--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006_01
28
(Sat)12:27

開けてみるべ

開けてみるべ

中身を確認する為に開けてみました。

うふっ! 全部窓が抜いてある

まあキットだから当たり前なんだけど・・
でも良く見ると何か足りないのに気がつきました。

わかる方は5秒でわかりますね?
そう、シルとヘッダーと雨どいが一切入ってない!!
それも他もあけてみると4両分すべて!!

小高模型が当時からこういう仕様だったのか
それとも単なる欠品なのかわからないので
とりあえず販売元に連絡して返事待ち。

仮に無くても何とでもなるパーツなので不安は
無いけれどあまり気分は良くないですね。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

シル・ヘッダー、紙で切り出せばお手軽ですよん♪
エコーモデルのリベットつきのパーツもグッドですね(^^)
飯田線にするなら、扉も金属パーツのほうがいいですねー。

個人的には小高さんの窓枠の線が太いのが気になりますが^^;;;

2006/01/30 (Mon) 00:28 | 大王? #5RRdFj/s | URL | 編集 | 返信

小高のキットの想い出

小高のキットは実に数多くの車両がラインナップされましたが、当然583系もありました。
ですが、ある意味自由度があるといえばそうですし、それでキットの値段も下げられると言えばそうですが、基本的に屋根、側板妻板(先頭車だと先頭部)床板のみでした。
583に特徴のクーラーや屋根上機器は付属していません。
583はカツミからこれらパーツが出ていたので、さほど深刻ではなかったのですが、これらパーツに不満があった私は「これだとキットを使ううまみがないじゃん」
さらに先頭部は分売されていたので、(こちらは2両分買いました)車体は例のように作ってしまったのでした。そしてパーツコレクターの日々。。。
昨今の他社からのキットにようにオリジナルを含んだフルキットだったら、違っていたかもしれません。
でも、あのラインナップは凄かったですし、どう作るか考えさせる構成は頭を使うのでいいことだったと思います。
165なんてユニットサッシの表現もないし。

2006/01/29 (Sun) 11:22 | てつ #/yrEbBoQ | URL | 編集 | 返信

小高のキットは雨樋、シル・ヘッダーは入ってません、当時からこういう仕様ですよ。
なので金属のパーツを使うか自分で作るかとなります。
原型仕様なので末期の姿にするにはドア・ベンチレーター等も変えなきゃなりませんけど・・・
今となっちゃお手軽なお値段ですしコツさえつかめばサクッーっと組み立てられるかと思います。
頑張ってくだされ(^0^)/

2006/01/29 (Sun) 00:57 | 厚木の爆王 #lstlR5u6 | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。