--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015_02
09
(Mon)08:03

30年前の不埒

ぬこ1

突然予期せぬことに遭遇し固まった。
先週の金曜日、仕事を終えていつものコンビニでビールを
買おうとレジにお金を出したところ店員さんから一言。

「りゅーでん君? そうでしょ!」

えぇ、なんでこのオバハン俺の事知ってんだ?
女性店員の場合、恥ずかしいので目が合うほど正面から
見たりしないけど、この時ばかりは思いっきり見つめた。

脳内のアーカイブを次々に解凍して記憶をたどるが
なかなか答えに辿り着かないので深呼吸してもう一度
冷静になると聞き覚えのある声だと気が付いた。

第一声を発するまでどれくらいの時間が経ったのだろう。
夜の9時台という週末の夜にはまだ早い時間だったか
俺以外店内に客は居なかったこともあって彼女は待っていた。

「・・・・もしかして・・・・〇○子?」

彼女と知り合ったのは高校2年生、17歳の夏。
アルバイト先の大型スーパーで私はたこ焼き屋で働いていた。
彼女は同じスーパーのファーストフードのアルバイトだった。

互いの店が1階と2階とあって当初は名前も知らないし
休憩時間に店内をぶらぶらして時々会釈をする程度だった。
よくエプロンつけたままだったので同じ店内アルバイトだと
お互いに気が付いていた。

バイトを始めて2カ月くらい経った夏の終わりのある日のこと。
その日の仕事を終えて従業員出入口近くにある自転車置き場
で鍵を外しているときに背後から「こんにちは!」と声がした。

同じスーパーだから終業時間は同じなんだが当然店舗ごとに
残務(洗い物・掃除等)があって帰る時間はバラバラだ。
営業時間以外に会ったのはこの日が初めてだったし
いつも会釈だけなので声を聴いたのも初めてだった。

「よかったらドーナツ食べて行かない?」

この大型スーパーは店外にドーナツ屋があって、ここだけは
営業時間が違っていて夜遅くまで開いていたのだ。
別段この後用事があるわけでもないので二つ返事でOK。

この時に初めて彼女が1つ年下だということ、我家に近い
女子高に通っていること、そしてもちろん名前も知ったのだ。

そして一番驚いたのがバイト中は結わえている髪を
下ろしている彼女のその美しい姿だった。

まさか付き合えるとか言う希望など持っておらず
「これで少しはバイトが楽しくなるな」程度の感情しか
無かったが何度も会ううちに惹かれていった。

やがて高校を卒業してバイトも辞めるとちょくちょくと
外でも会うようになりもう一歩で恋人同士になれるところ
まで来ていたのだが・・・・・。

就職後、わずか半年で希望部署に移ることになった私は
本社配属の為、街を離れることになってしまったのだった。
とはいっても車で1時間の距離だから決して無理な距離
ではないのだが。

やはり新しい環境に慣れるに時間が必要だったこと
夢心地のように仕事に打ち込んだことで彼女の存在は
どんどん希薄になり、いつのまにか自然消滅した。

彼女より仕事を選んだのだ。

寮生活に寂しさを感じた頃には当然彼女はいなかった。
激しい後悔で気が狂いそうになり自分の愚かさを呪った。
結局会社を辞めて旅に出たのはこの時の傷が大きい。

それから30余年の間に彼女の住んでいた地域は
再開発で昔の名残は無くなったし連絡先も失念してるので
もう2度と会うことも無いだろうと思っていた。

合わせる顔も無いしね・・・

しかし神の気まぐれなのか会ってしまった二人。
聞けばこのコンビニのオーナー夫人で普段は店に出ないが
バイト学生がインフルエンザで急遽店番になったとのこと。

このコンビニに通うようになったのはここ6~7年の事。
もちろん今まで会うことが無かったが住まいも近いとの事で
意外にどこかですれ違っていたのだろう。

他の客が入ってきたので話を切り上げ、
「また今度機会を作って話そう」と言うことになった。
実際にその日が来るかどうかはわからない。

だってメルアドや電話番号を聞いたわけじゃない。
ただこの店のオーナー夫人で時々店番に出るということ。
これまでの6~7年会わなかったのだから今度はいつやら。

まあそれでもいい。
ひとつ事実が判っただけで十分だ。
もう一回偶然に任せるのも面白い。

しかし今思うことは若いころの自分を殴りに行きたいな。
だってあんな美人から誘われるなんて、あの時以来今日
まで一度も無かったのだから。(笑)

変なのに追われたことはあるけど。

今の嫁よりいいのか?って聞かれたら
嫁の場合は罠を仕掛けて穴に落として麻酔銃で仕留めた
ようなのものだから(w 同じ女性でも少し自分の中で
立ち位置が違う。

女性側から誘われたということでは私の中で結一の人。
たぶん今後もこれは変わらないだろうな。^^;

不思議なのは過去にお付き合いした女性で今は顔も名前も
忘れてしまっている人がいるのに成就しなかった恋は
いつまでも忘れないのは何故だろう?

事実この事があった先週から当時の事をどんどん思い出して
来ている自分に驚きを憶える。

手紙も写真も1枚も残っていないのに
どこに仕舞ってあったのだろうと思うほど。


なかなか楽しい人生だな俺。


ふっ・・


スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

こんにちは。
私も高校生の時に・・・・
何であの時ちゃんと・・・と激しく後悔した娘がいました・・

2015/02/09 (Mon) 10:05 | とと #0MXaS1o. | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。