2015_01
06
(Tue)05:21

地味にスタート

機器箱裏

本日はまだ休日ですが頼まれごとで出かけねばなりません。
時間前のわずかな間を利用して2015年の工作初めです。
画像の部品は先月からのクモニ143型荷物電車の床下機器。

実物の機器箱は字のごとく「箱」ですが模型用のこれは
鋳型から抜いて作ってるので裏蓋のない状態になってます。
見えにくい部位なので、このまま組んでもいいのですが・・・

気にすれば気になるので
ちゃんと箱型にすることにします。




機器箱2

まずは鋳造品の常としてあちこちにバリがあるので研磨します。
400番のペーパーやすりを用いて蓋を張り付ける側を
指でかるく押さえながら上下左右してヤスりますが、そんなに
丈夫な部品でもないので注意が必要です。


機器箱3

床板との接着面にバリが出ているものもありますので
これも見つけ次第攻撃開始!



機器箱裏4

最後に切り出したプラ板を裏に張り付けて箱化します。
使っているのは0.5mm厚のタミヤのプラ板でしてこの薄さ
ならハサミで切りだせるので手間が掛かりません。
厚紙でやっちゃう人の例も見たことあります。

仕上げは蓋の大きさを微調整のために周囲をヤスります。
多少の段差があってもベースに張り付け後に黒く塗装するので
あまり目立たず、ここはあまり慎重になることはありません。

ただねあんまり地味な作業なんでつまんないんだ。
この日は3つやっただけで時間が来ました。


スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント