2014_11
12
(Wed)06:00

2014秋の花月園運転会 その4

Df200

数ある出場車のなかでも圧巻だったのはこちら。
常連になりつつある I 氏が制作中のDF200型ディーゼル機。
画像で一見する限り、その凄さは伝わってきませんが・・・・。

近年安価で発売され話題になったKATOのEF510の
下回りの台車がDF200とほぼ同形式なのに目を付けて
車体と床下機器などをすべてフルスクラッチで制作されています。

構成は基本は紙、補強に真鍮、屋根上フィンはダイキャスト
そして見どころである側面のフィルターはなんとエバーグリーン
のプラ素材を使った完全自作と恐ろしく手がかかっています。

それだけじゃなく完全流用の予定だった下回りも微妙に
台車間距離が異なるのに気が付いて床板を木材で新たに
作られているのです。 

つまり実際に製品から流用できたのはモーター付き台車だけ。
もちろん台車間にある床下機器やスカートなどもプラ板からの
スクラッチと考えうる素材のすべてを駆使しておられます。

残る工作は車体の手すりなどの小部品と窓ガラスとライト回り。
それにレタリングと完成直前のところでのお披露目となりました。
来春の運転会では完成された姿が拝めそうです。

その制作記はこちら 80分の1丁目16番地

いやはや・・ええもんみせてもらいました。


あたしなんて・・・
ひっくり返ってもこんなのできましぇん。





もうすこし続けようかな? ^^


スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

ご紹介ありがとうございます

DF200の作者です(笑)
先日の運転会はお世話様でした。
レスが超遅くなりすみません(^^;
ご紹介いただきありがとうございます。
なんとか完成を・・・
と意気込むほどに浮気虫が動き出して困ってます。。
今後ともよろしくお願いします。

2014/11/20 (Thu) 21:46 | isao #jhHw6g8s | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント