--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014_10
13
(Mon)09:50

マニ党再び

まにまにおゆおゆ

何年か前に思い切って買った天賞堂のEF61に牽かせるべく
荷物列車の車両を必死になって集めたことがあります。
来月に迫った花月園運転会の集合テーマの荷物電車を
並べてみたら久しぶりに客車のほうも走らせてみたくなりました。

ちなみに当時はプラ製品はTOMIXのオユ10くらいで多様な
車種で編成される荷物列車を再現するには高価なブラス製品
しかなかったのです。

結局1年以上かかって揃えたのが画像の車両たち。
キットを組んで安く済ませたもの(それでも仕上げるには2万弱)
模型仲間から他車との交換で手に入れたものや、なぜかくれたもの
などで出所もメーカーもバラバラです。

それでも高騰する前から設計販売を継続していた製品ばかりですし
画像の16両中10両は友人からの転属車ばかりですから
全車両で10万円少々しか自己資金を使っていません。

いま最新のブラス製品でこれだけ揃えたら
軽トラック1台買えるくらいになってしまいます。


画像は昭和50年代の荷物列車再現の為の形式だけであって
同じマニスユでも32系列や40系列などは省いているのと
仕掛中のままや手を付けてないキットもまだ数両あるので
全貌は自分でも正確に把握しておりません。

正体のわからないものまであります。^^;

加えてパレット車がプラ製品で発売されたこともあって、30年以上
思い続けた荷物列車を再現することが出来ました。
それからン年、マイブームも去ってこれらの車両は仕舞われたまま
日の目を見ることはありませんでした。

これらの牽引機関車は先のEF61を始め黄金時代のEF58を
何両か揃えておりますが夏前に荷物列車の最晩年を再現するのに
欠かせない機関車が発売されたのです。

バイクにお金がかかることもあり新規購入は出来るだけ控えている
自分ですが機関車購入に悩んでいるときにトドメの情報が入ったのです。
あまりに地味すぎて製品化は無理だろうと思われていた国鉄最後の
荷物車で前記の機関車とともに最晩年のみ連結された※アレ・・・・

※正式には公表されてないので
  形式名・メーカー名は控えます。


もう機関車買うしかなくなってしまいました。(w
財政難ながら夏のツーリングを途中中止して余った資金があるので
機関車1台くらいはなんとかなりそうですし調べたら在庫もまだあるようです。


密林に狩しに逝ってきます!



やっちまうぞ俺!

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。