--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014_10
12
(Sun)13:44

リベンジキャンプツーリング

掛川 W8

大型台風が近づいているのは当然知ってましたが出発しました。
出来るだけ影響にないように予定を1日前倒しして1泊2日のツーリング。
いえ、本来なら休暇を取ってあったので3泊程度で北関東&房総半島を
周る予定だったのを大幅に短縮、変更してです。

どうしても行きたかったのです。

夏の東北ツーリングで悪天候に阻まれ一度も出来なかったキャンプを
どんな形でもいいから今年中になんとかもう一回したかったのです。
観光地など一切行かないキャンプするだけのツーリングなのです。



福士川 1

到着した場所は静岡県との県境に近い山梨県の福士川キャンプ場。
実は今回はテントが二つあることから分かるとおり同行者がいます。
と言っても一緒に来たわけではなく現地での集合です。




WとVZ

私のW800と横浜から来た今回の相棒の愛車VFR800。
タイプもメーカーもカテゴリーも違いますが偶然にも珍しい800cc同士。
このVFRのオーナーY氏とは私自身が責任者を務める花月園運転会で
10年ほど前に知り合い、8年ぶりに今度はバイク趣味での再会。

Y氏も私がバイクにUターンしたのに影響されて久しぶりにバイクに
乗りたくなり数年ぶりにカムバックしたとのこと。
ちなみに鉄道趣味で会うときにはバイクの話はしないので
彼が若いころからライダーだったのは知りませんでした。



福士川 2

現地集合後にすぐテントを設営し近くの温泉まで行ってひとっ風呂。
テントサイトへの帰り道に夕食の買い出しを済ませ宴の準備を始めました。
ちなみにこの日、台風接近の影響でキャンセルが相次いでキャンプ場は
私達ともう一組だけの利用でおかげでたいへん静かな夜になりました。



宴始め



川のせせらぎだけが聞こえる小さなキャンプ場にて
中年男が二人きりで焚火に向かい合っての人生談義。
久しぶりの再会とあって模型の事、バイクの事、家族の事と話は尽きず
夜遅くまでお互いの事を語り合いました。

これぞ大人の男の時間!


普段は会えない人と普段ではありえない場所で人生を語り夢を語る。
こんなに心地よい空間は日常生活の中ではなかなか味わえませんね。
情報や流行に振り回され、楽や便利ばかり追求している人には
決してたどり着けない至福の時間がここにはあります。

宴も終わり、静かな夜も明けると二人はまたそれぞれの道に戻ります。
来年の北海道での再会を願って帰路途中で彼と別れました。
短かったけどとても濃い時間を過ごすことが出来て満足です。



スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。