--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014_08
26
(Tue)20:35

心配事

桃岩1

広島の土砂崩れのニュースに隠れてはいますが
遠く北海道の北の果ての離島「礼文島」でも崖崩れの被害が
深刻な事態に陥っていて私としては気が気じゃありません。

画像の中央左、赤っぽい屋根が今では礼文島唯一のYHと
なった「桃岩荘ユースホステル」でご覧のとおり周囲がすべて
崖という非常に特殊な立地にポツンと建っております。

現在、港のある東側からここへ通じるトンネルの前後の崖が
崩落し従業員と宿泊客約30名が一時孤立したニュースを
見た方もいると思います。

現在はヘリによる救助で全員無事脱出との事。

なぜ、このブログでこの事態を取り上げる?とお思いの方も
いらっしゃると思いますが、最近プロフィールに追加した通り
今から26年前に私もここで働いていたからです。

働いたのは88年夏のシーズンだけですが、87年から
91年に掛けて4年間、延べにして150日以上滞在した程
大好きな場所なのであります。


それだけではなく、嫁と知り合ったのもここでして結婚後に
生まれた双子に島の名前を一文字づつ付けるほど私と妻に
取って生涯忘れない大切な思い出の地なのでもあるのです。

そんな大切な場所の災害に心もどかしい日々を送っています。
来年夏には24年ぶりに再訪しようと何年も前から計画してました。
普通に社会人しているとなかなか行ける場所ではありません。

現在礼文島に行くには飛行機ですら直行便が無いので
私の居住地からは千歳空港まで飛行機に乗ってJRで札幌まで
移動した後、特急列車で稚内へ行くのですがどんなに急いでも
現在のダイヤでは礼文島行最終フェリーに間に合いません。

つまり片道だけで最低2日、往復で4日が必要なのです。
オートバイだと本州を高速道路で走ろうがフェリーで渡道しようが
4~5日必要になってしまうでしょう・・・それほど遠いのです。

この23年間、何度も島に帰りたいと願ってましたが会社員になり
休みも取れず、家族も持った私には叶わぬ夢だったのです。
月日が経ち、子供達も成人したので勤続20年にもらえる慰労休暇
で来年夏に久しぶりに行けるかもと思ってた矢先の災害・・・。

現地から送られてくる画像を見ると被害は予想以上に深刻でして
今期の営業の継続が難しいどころか復旧にはかなりの時間が
必要な状況なことがわかります。

これまでにも何度か崖崩れで営業できなかった年がありましたが
今回の被害は過去のそれらを遥かに上回る規模らしいのです。
と、なると来年夏の営業にも影響が出るかも知れません。


何か自分に出来ることはないか?
会社を休職してでも駆け付けたい気持ちです。


スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。