2014_08
16
(Sat)09:56

オヤジの東北一人旅  出発はしてみたものの  その1

W出発

9日から始まった長期連休ですがご存じの通り台風11号。
さすがに出発するわけには行かんので自宅で待機となりました。
そして翌日も天候回復せず・・・・・・

こりゃ中止かな?

と、何度も頭をよぎりましたがようやく11日午後には回復予報が
出たので多少は雨に濡れることは仕方ないと2日遅れで強行!
今日出発せねば東北一周分の日程に足りなくなってしまいます。

これが悲劇の始まりでした。

最初の苦難は出発して1時間もしないうちに訪れました。
豊橋市の自宅から国道151線を使ってまずは長野方面へ
向かうのですが途中の豊根村でなんと通行止め!

昨夜の総雨量が規定に達したとの理由ですが解除のめども
わからずナビの迂回路指示に従って走るととんでもない山中に
迷い込んでしまいました。

生い茂る木でGPSが充分に機能せず何度もエラーするし
道路は豪雨の後で小枝や葉っぱが敷き詰められていて
少しでも気を抜くと転倒しそうな状態です。

こんなところで転んでも近くに民家も無ければ人もいないし
クルマすらめったに通らない早朝なので誰も助けてくれません。
出口も見えないまま、目の前の道を進むしか術がありません。

そこへ追い打ちの雨・・・

もうね、この時点で出発したことを後悔しました。
山の中だから仕方ないけど予報にあった天気の回復は
一向にその傾向が見えないし気温は20℃切って寒いし。

しかし悩むより悔やむより今は現況をどうにかせねば・・・・
つい先日テレビで繰り返されたあの言葉が思い浮かびます。

「直ちに命を守る行動を取ってください」

結局2時間かかってようやく周囲の見える道路に出ました。
道路標識を見て、ここでまた決断を迫られます。
行くのか?、それとも引き返すのか?

雨は小雨になり雲から覗くわずかな青空に期待を込めて
腹をくくり、再出発したのは10分ほど考えた後でした。
どうしても果たしたい約束が再び気力を振り出したのです。

しかし神はこの後も微笑みませんでした。


その2に続く
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント