2007_09
16
(Sun)16:13

豪華絢爛

全部ブラスじゃ~!

この画像の列車を見て「あ、急行ニセコだ!」とすぐに
お分かりになるアナタはとても正しい鉄道ファンです。(^^)

ちなみに車両は泣く子も黙るオール天賞堂製ブラス!!
しかも2両の機関車は最新製品では無いものの銀座本店で
作用管とサウンドを取り付けた数少ないカスタムモデルである。

北のゴールデンコンビ


りゅーでんは金持ちなのか?(・∀・)

んなワケありません。
私のサラリーで買えるわけありませんよ。(w
この1編成だけで軽自動車なら充分買えてしまいます。

実はこの車両は、とあるコレクターからの預かり品なのです。
預かりとは言っても遊んでもいいという条件なので次の運転会に向けて
整備をしているのです。他人のなら気を使うだろ?って

いいえ特に特別な扱いをしているわけではありません。
遊ぶなら整備は不可欠なので必要があれば躊躇なくバラします。
我が家では高価なブラスだろうと廉価なプラ製品だろうと関係なし。
走らせて遊ぶのだから腫れ物を触るような扱いじゃ楽しめない。
まあ、壊れたら壊れたまでのこと。
弁償が必要になったら小指でも首でも差し出してやる!!

冗談は置いといて・・(;^▽^)

さて、この編成の問題は客車側でハザが不足していることである。
所有者本人もさすがに一度に揃わなかったらしい。
同じメーカーで揃えるのは私の予算では不可能なので代用を
探すとあったりするんですね。

この夏に発売されたKATOの43系の晩年型。
厳密に言えば北海道型と暖地型(標準型)の違いもあるので
形式名から異なるけど外見で違うのは車軸発電機の位置くらいで
充分に流用が可能なのだ。(後の違いはオレが知らんだけかも)

またニセコと言えば上下列車や時期などで編成にも違いがある。
晩年の最短編成には荷物車が連結されないので大手2社のプラ製品
だけで再現が出来るのだ。(この場合も細部は異なるが)

ひとつ残念なのが機関車に搭載されるサウンドが最新のカンタム
ではないので専用のコントローラーで操作しなければ音が出ないし
そのコントローラー(SL-1)が高価で滅多に生産されないので
入手しづらいことだ。

だいぶ以前に私は某掲示板で走行性能や外見は行き着くところまで
近づいているので、これからの時代は音と光の演出になると
予言した。
実際に天賞堂のカンタムやNゲージではあるがTOMIXの
信号機など演出に力を入れる製品が増えてきた。

惜しいのはこれらが新製品に限られることなのだ。
簡単に安価に旧製品にも搭載可能な製品が発売されるのを
心待ちにしている。

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

>発電機の他に蓄電池箱の大きさ

 先日たまたまネットで画像を発見しその違いに気づきました。
プラの床下機器はキレイに取るのは
結構難儀なのでそのままにしようかと・・

2007/09/22 (Sat) 17:45 | りゅーでん管理人 #- | URL | 編集 | 返信

スハ45

こんにちは。先日はどうもです。
スハ43とスハ45の違いについて、発電機の他に蓄電池箱の大きさがあります。本州型では小型のものですが、北海道型では大型が多く使われてたようです。(小型もあるかもしれませんがわかりません)
それらしくするには、KATOの蓄電池を切り取り、エコーの大型蓄電池箱を黒く塗って取り付ければ十分でしょう。(少なくとも自分のはそれでお茶を濁してます)
ご参考まで。

2007/09/22 (Sat) 17:25 | なかむら #LwtkaH2o | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック