--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014_05
06
(Tue)05:28

北陸ツーリング  1日目  その3

敬愛する井上陽水の極初期(1972頃)に「あこがれ」という曲がある。
同時期の「人生が2度あれば」とか「傘がない」は名曲として最近まで
何度もコンサートやテレビで歌われているが「あこがれ」は聴いた事がない。

あまりに地味な歌で最近のファンには認知度は低いせいなのか
それとも陽水自身が歌いたがらないのかどうか真相は知れないけれど
私は旅に出て辛い時に不思議とこの歌の一節が頭に浮かび口ずさむ。

さみしい時は男がわかる
笑顔で隠す男の涙
男は一人旅するものだ
荒野をめざし旅するものだ


           (JASRAC)嘘 ^^;


今回も北陸道でドシャ降りの雨の中で
ひとりヘルメットの中でいつのまにか歌っていた。



東尋坊

そんな過酷な状況でも走ってればいつかは到着します。
訪れたのは22歳の時以来だから29年ぶりの東尋坊。
はい、サスペンス劇場のラストシーンでおなじみの場所です。

北陸の名所として全国に知られてはいますが土産物街は
3割ほど潰れて閉店していますし展望タワーなどの施設物も
老朽化を隠せない厳しい状況になっております。

観光としての売りが崖だけ!

これにいつもでも頼っているようじゃあレジャーが多様化
している現代では将来も厳しいと言わざるを得ないでしょうな。
そんな印象しか残りませんでした実際。

また現地到着時に誘導係のオジサンに指示されて停めた
駐車場が実は1件の土産物屋の私設駐車場でしてそのオジサンから
「ここに停めたら食事と買い物は必ずこの店でして」と言われ
なんかもう気分的に興冷めです。

そんなあこぎな商売しているから

ここまで寂れているんだよ!


といってやりたい気持ちでした。
とは言え周囲の市営駐車場は有料ですから、その分を考えれば
決して損と言う訳ではないんですが・・それを踏まえても
気分的に気持ちのいいものではありませんでした。


1日目昼飯

結局仕方ないのでその指定された店で昼食を取ることに。
イクラとイカの海鮮丼で1250円也。

まあ味は悪くないですがそんなことの後なので感激も何もない。
不完全燃焼を抱えまま、さっさとこの場を後にして次の目的地に
向かうことにしました。



その4に続く

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。