--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014_03
30
(Sun)10:26

幻のチケット

チケット

有志の方から譲ってもらい一ヶ月前より楽しみにしていましたが
この2週間の激務による疲労蓄積と本日の大雨にてあえなく断念。
久しぶりの上京は叶いませんでした。

バイクが無理ならクルマで、それでもダメなら鉄道でと
今朝まで悩んでいましたが体の節々が痛い状況では何ともならず。
まだしばらく忙しい日々が続くので大事を取りました。

行けなくなったのは残念ですが今回はネットにUPされた
会場の様子だけパソコンで見て我慢します。


今から約28年前になりますが・・


生まれて初めて行った東京モーターショウ。
当時は晴海での開催で東京駅八重洲口からバスが出てました。
2輪メーカー勤務だった私は上司に勧められて行ったのです。

そこで衝撃の出会いがありました。
それは他社メーカーで参考品として展示されてたオートバイ。
開発なんて仕事をやっていると部品の造形を見ればそれが
展示用の一品モノか量産を前提としているのか直ぐに判ります。
私の目を釘付けにしたオートバイは販売を意識したものでした。

地元に帰ってすぐに当時出入りしていたバイク屋の親父に
「絶対発売するから予約しとく」とメーカーが販売するとも
明言していないのに注文をしてしまいました。


フージョン

それがこの大型(排気量は中型)スクーター「フュージョン」です。
注文から4ヶ月経ってようやく納車されました。
当時でも約50万円と高価でしたが、他の所有バイクを売り
ローンを組んで必死の思いで手に入れました。

当時大柄のスクーターは現在ほど普及していない時代でしたので
どこへ行っても注目度は抜群で信号待ちでもしょっちゅう知らない
人から質問攻めにあったものです。

大きいけれどシートが低いので足も踵までべったり付きますので
以外に取り扱いも苦労しないし走行性能も充分パワフルで
荷物も積めますので四国までロングツーリングもしました。

が、問題もありました。

当時は寮生活をしていたので他社製品であるこのスクーターは
敷地内に持ち込めないので自宅に保管せざるを得なかったのです。
週に一度、実家に帰宅したときにしか乗れませんでした。

現在では完全に週末の趣味なので週一でも当たり前ですが
当時の私にとって通勤もバイク、仕事もバイクと乗らない日は
ほとんどありませんでしたので乗ってやれないコイツが不憫でした。

納車から1年後に会社を辞めて旅に出ることになったので
長旅にふさわしいバイクに買い替えの為に私の元を去りました。
それから数年後にブームが来て再生産されるなんて当時は
夢にも思いませんでしたね。

見て惚れて後先考えず直ぐに注文!と
カタログも見ず(出てなかったけど)、雑誌の記事も読まず
何の熟慮もせず飛びついた正に一目ぼれの衝動買いでしたが
自身の状況と環境変化に合致せず短い恋は終わったのです。

若かったし熱かったなぁ・・・
遠い目
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

値段が値段だけにそう何回もあったら困りますしね。^^;
カメラもオートバイも。

2014/03/31 (Mon) 09:44 | りゅーでん管理人 #- | URL | 編集 | 返信

ショウで見て速攻で予約は

自分もカメラで1回やりましたね。
近日発売の情報はカメラ雑誌などで見て、そして大阪のカメラショウ会場でデモ機を触って。
「なんか、思っていたよりは今ひとつな?」
と思いつつも、その足でなじみのカメラ屋(今は閉店した)へ行って予約。
そして公式発売日の前日に入荷連絡があったので、仕事を定時で切り上げて速攻でカメラ屋へ。
手元に来た実機は実際に使い始めると、手放しでベタ褒めできる代物でした。
そういう衝撃的出会いのある買い物って、生涯1回あるかどうかなんじゃないでしょうか。

2014/03/31 (Mon) 03:23 | よこやま #pkLhdCmI | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。