--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007_09
10
(Mon)22:49

お別れ

7年前にインターネットを始めて以来、お世話になってた
某鉄道模型ホームページの管理人さんが昨日の朝、
2年間の闘病の末に30代の若さで旅立ってしまいました。

鉄道模型誌に何度も登場し電車の模型ファンならば
知らぬ人はいない程、この趣味界では有名なのに驕りなど一切なく
いつも周囲の人に気を使ってて、その人柄から多くの模型人に
愛された方でした。

お通夜にも参列し、その亡骸にも対面したのに未だに
現実を受け入れることが出来ません。
7年間の間、生前にお会いできたのは2度しかありませんが
ネットを通じていつも近くに居てくれたような気がします。

この夏は私自身も入院することになってしまって
お互いの近況をそれぞれのベッドから携帯メールで伝え合いました。
そして私の回復を誰よりも喜んでくれました。

そんな優しい彼が私の退院後わずか3週間程で先に逝ってしまいました。
私より長く病んだのに、私よりずっと苦しかったはずなのに・・・
寿命とか運命とかの言葉で慰められても納得できません。

どんなに辛くても生きていく以上、彼が居なくなったという現実を
受け止めなくてはなりません。
心ではわかってるのですのが・・・・・


今はただ悲しみに暮れてます。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

りゅーでんさんん、
私も実感がわいてきません。 掲示板に、彼からの書き込みが今でもあるような気がしてなりません。 彼にお会いした事はありませんが、掲示板/メールを通じていつでも隣町にいるような気がしていました。

2007/09/11 (Tue) 22:29 | TEXAS #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。