--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_12
09
(Mon)16:25

プライド

冬になると周囲に必ず一度は言われるのが
「なぜ寒いのにあえてバイクに乗るの?」
とお決まり事で私はこう答える事にしている。

「それがバイク乗りですから。」

言われた方はそれ以上追及する言葉を持たないから
必然的に会話は最小限で結審する。
何故好きかなんて愚問に長々付き合うつもりはないのだ。

でも実際は寒いものは寒いしなんとかならないかと考える。
近年では便利な防寒グッズも多くて快適性も高いのだが
何分にも高性能ほど値段も高くなる。

そしてもう一つ、バイク乗りは格好にもこだわる。
どんなに暖かい防寒グッズでもカッコ悪いのは勘弁だ。
ライダーはバイクに乗った途端にちょっとナルシストになる。

自分がどんな風に周囲に見えているのか信号待ちなんかで
建物のガラスに映った自分をちょっとチェックしたりする。
腹の出てる私はこの時だけ腹筋に力を入れて背を伸ばす。(笑)

しかし若い頃と違って滅法寒さに弱くなった私はカッコ悪いと
昔から避けてきたものについに手を出すことになる。
悩んで悩んで悩んで実を取るためにアマゾンでポチッた。

ハンドルカバー

そして先ほど届いたハンドルカバーである。
もうね美学とか何とか論じるのも嫌になるほど洗練されてない
姿だし、こんなもの付けてまで乗るのかと考えてしまう。
でも買った以上とりあえず愛馬「はっちゃん」に付けてみる。


装着

「・・・・・・・・・・・・」(* ´д`)

ダメだ、やっぱり脳髄が凍り付きそうな程カッコ悪い。
得体の知れない敗北感に包まれガレージでしばし唖然。
どう見てもオッサンの配達バイクに成り下がったようだ。
まあいいや、要らなければスクーター乗ってる息子にやろう。

ライダーにとって指先の冷えは大敵でして、最悪操作ミスを
引き起こすこともあるし何よりも戦意を喪失してしまう。
身体は安価なアンダウェアやカイロで充分我慢できるまで
保身できるが指先だけはどんな高性能で高価なものでも無理。

昨日、用品ショップで電熱グローブなるものを見つけて
試用品で試してみて確かに暖かいのだが内蔵のバッテリーが
半日も持たないので通勤くらいの使用では良くても
ツーリングでは役不足、なのにとても高価であきらめた。

で、ハンドルカバーだが使わないうちに酷評するのも何かと
さっそく近所を走ってその効果を確かめて見る事にした。
ぐるりと走り回ること約30分・・・・。

こりゃええわ。d(⌒o⌒)b

発熱機能があるわけじゃないので暖かいわけではないけど
直接風が当たらないだけでこんなにも違うのかと驚く。
ただしスイッチ類の操作性が少し悪くなるのが残念だが。

販売されているハンドルカバーには下は1500円位から
8000円クラスまであるが(発熱機能付は除く)よく
売られているのは2000~3000円クラスが多い。

せっかくなのでそれより少し上の4500円のを選んだ。
このクラスになると中の綿が厚かったり、カイロを入れる
ポケットが付いてたりするので便利かなと思って。
(カイロが入れられるのは買ってから気づいた)

あと防寒対策の王道として電熱でハンドルを暖める
グリップヒーターなるものがあり一応考えたけど
これだと手のひらは温かいが甲側は風に晒されるので
効果に疑問があったのと取り付けが少々手間だ。

ただでさえハンドル周りがナビやら携帯やらで
賑やかなのに更にスイッチを付けなければならないし。
機械なので壊れる可能性もあるしバッテリーも心配。
格好が変わらない以外の利点が以外に少ないのだ。

で、結局コスパからハンドルカバーに行き着いた訳だが
この見た目に慣れるのには時間がかかりそうだ。
格好を取るか保身を取るかライダーの永遠の課題かも。


------------------------------------------

ちょっと話は遡って私がテストライダー現役の頃、
会社のテストコースで寒いと感じたことがあまりない。
最もスピードの出る直線は西向きで冬は向かい風が
激しくてスピードが落ちるくらいなのにだ。

これは1回の走行時間が1時間以内に決められている
事や一般道では考えられないほどのスピードを出す為
緊張感が寒さを感じにくくしている事によると思われる。

走行を終えてバイクから降り、事務所(詰所)のストーブに
行くまでの間が最も寒かった覚えがあるのだ。
走っている時よりも止まった時の方が辛かった。

装備としては冬用のジャケットと手袋以外夏と変わらない。
肌着にシャツ1枚、それに皮ツナギだけだった。
モモ引きくらいは履く時もあるけど体の動きが鈍くなると
場合によっては命の危険もあるので保温より身軽さが大事。

コンマ何秒の操作ミスで自分の体も危険に晒すし試作車を
壊してしまうと何億円もの損害が出てしまうので
寒いくらいは我慢しないとやってらんない職業である。

当時はプロ用でも優れたインナースーツなんて無かったし
貼り付け用カイロすらほとんど見なかったくらいだ。
それでも若い頃だったので1時間位はなんとかなった。

いまだったら無理だろうな・・・(´Д`)=З



スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

夏よりはマシ

 冬は寒い分着込めばいい。最近はインナーも優れた保温性があるものが増えました。逆に夏でも長袖、グローブはしないと危ないので、暑いからと裸になる訳に行きません。汗かきの私は、信号待ちの時、滴り落ちる汗に耐えられません。

2013/12/11 (Wed) 00:53 | 工房5丁目 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。