2013_11
25
(Mon)10:27

久しぶりの訪問

市民館前

何かと野暮用の多い今日この頃ですが、これから師走を
迎えてますます忙しくなって来るのをヒシヒシと感じております。
そんな晩秋の週末、少し時間が空いたので顔出しして来ました。
場所は我が家から5分の地区市民館です。


穂の国クラブ

愛知県の東半分、三河地方唯一の鉄道模型クラブである
「穂の国鉄道模型クラブ」の月一例会にお邪魔してきました。
今年1年は模型にほとんど触れずにいるので時々ここの空気に
触れてギリギリのモチベーションを保っております。^^;

実は今回、久しぶりに自分の車両も走らせようと思ってましたが
前日の飲み会の深酒で二日酔い・・・とても準備する気力が
なくて今回も見学だけになりました。


EF70

せっかくなのでこの日走ってた車両を少しご紹介。
ブルトレの先頭に立つ機関車は70年代のカツミ製です。
40年前には百貨店のおもちゃ売り場に普通に置いてありました。

その事を若いクラブ員に言っても「?」と今では理解されません。
16番の真鍮製品が地方のデパートで売っていたなんて
現状からは想像もつかないことなのでしょうね。


EF80F

これも今や珍しい鉄道模型社製のEF80。
モノは同じのナカムラブランドになってからの製品は
珍しくないけど鉄模ブランド時代はさすがに骨董級の珍品。


機関区

こんな本格的なセクションも仲間入りしてました。
ウェザリングという実感的な化粧と作りこまれた舞台。
良い役者に良い舞台と実に絵になる光景で見惚れてしまいます。

当初7名程度で発足したこのクラブもわずか2年弱の間に
部員も倍になり設備もますます充実して順調に発展しています。
私は相変わらずゲストという立場を変えてませんがいつかは
正式に参加することも考えています。

バイク熱が一段落してからかな?^^

何にせよ自宅近くにこのような場所があるのはいいものです。
長年望んできた事が現実になったのですから。





スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント