--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_11
10
(Sun)09:55

間もなく20年

りゅーでん城

平成6年春に竣工した「りゅーでん城」こと我が家は
早いもので来年には20年を迎えることになる。
土地70建坪46・5LDKとこの辺りでは平均平凡だ。

大手住宅メーカーではなく親戚が建具屋の関係で
地元の工務店による自由設計型木造建築・・
つまりノーブランドなのである。

しかもこの工務店、親方から暖簾分けしてもらって
我が家でまだ5件目と新進気鋭の売り出し中なので
絶対に手抜きはしないだろうと期待を込めての発注である。

そんな我が家も20年経って不具合が出てきたのと
今年83歳になる母君の為の一部バリアフリー化の
必要性からリフォームを行い先月完工しました。



門扉

まずは家の顔である門扉は階段部分に手すりを設置。
インターフォンは映像記録が出来る最新型で母の居間には
耳が遠くても確認できるフラッシュランプ付きです。
玄関扉にも同じ手すりを付けてます。



廊下他

1,2階の廊下と階段と踊場の全ての壁紙を貼り替えて
可能な限り手すりを設置、違和感を無くす為にトイレの中に
至るまで腰板を貼って以前のイメージから脱却しています。

玄関も靴箱をこれまでの据置き型を止めて大型の設置型に
変更して痛みやすい足板(土間から室内への段差階段)も
新しい板に嵌め変えました。



トイレ

1階のトイレは省水型自動洗浄タイプに変更し対面には
小物用棚を設置しドアノブも新しくしました。
これまで1階で使ってた便器はまだ新しいので2階へ
移設し古くなったこれまでのは廃棄しました。

画像にはありませんがこの他に脱衣所と風呂場にも
手すりを設置し居間のふすまも全て貼り変えて終了です。
キッチンと風呂場をもう少し手を入れたかったのですが
そこは予算の関係もあって今回は断念しました。

今回のリフォーム代は約300万円!(補助金含)にも
なりましたが以前にも阪神震災後の建築基準強化対応で
瓦屋根の補強と外壁の重ね塗りで100万ほど必要でした。

ちなみに平成6年の竣工当時の家価格は敷地整備を含めて
(門、柵、ガレージ、庭木などで土地代含まず)2800万円ほど。
欠点としては通常の2クラス上の太い柱を入れたので
その分の内寸法が小さくてやや狭くなったくらいです。

次のリフォームは子供が巣立って部屋が空いてからかな?
工作部屋の拡大とバイクの為のシャッター付きガレージが
今のところの目標なんですがとりあえずは・・・

住宅ローン残り5年を完済しないと ^^;

がんばりましょうかね。


スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。