2013_08
25
(Sun)12:54

50男九州一人旅 3日目

3日目ルート

男旅も早3日目になりました。
この日も移動距離はたいした距離じゃなく朝はホテルでゆっくり。
それでも暑くなる前に出発しないと気持ちが削がれますので
8時過ぎにはホテルを出発しました。

今日は九住山側に大回りした後、日田の旧市街から
耶馬溪に向かい大分県中津市を目指します。
久留米まで南下した後に再び北上する効率の悪いルートに
感じるかもしれませんがこれも考えがあっての事です。^^

山中

「九州は走るなら海沿いより山が面白い」
なんて友人から聞いていたのもあって今回は何度か
山岳ルートを選択し景観を楽しんでおります。
また平地よりは気温が低いだろうとの狙いもあります


耶馬溪

耶馬溪に到着したのは午後二時少し前。
秋の紅葉の時期に来るとすばらしい景色が見れるそうですが
夏に来てもただの岩山でしかありませんでした。
また本来ならその昔30年かけて掘った手掘りのトンネルが
通行できるのですが今回は工事中で近づくことも出来ません。


汽車ポッポ

到着した本日の宿は一部マニアには有名な「汽車ポッポ」。
実物の鉄道車両が玄関に鎮座する不思議な建物です。
一見カットモデルに見えますが後部はちゃんと建物の
中まで続いていて食堂として利用されています。

その個性的な外観もですが宿としても大変優秀でして
豪華な食材こそ使いませんがボリュームたっぷりの朝夕食が
ついて一泊二日で3800円とYHより安い値段です。

ユニットバスもありますが24時間営業の大風呂もあるし
洗濯機の利用もタダと本来はビジネス用ですが私の様な
長期旅行者にも優しい宿でございます。


駐輪場

唯一惜しいところはバイク用に屋根がある駐輪場が
無くて四輪車と同じ露天の駐車場に置くことになります。
ただ、道路から引っ込んだところで通りから見えず
敷地内なので盗難やいたずらの心配は少ないです。


おへや

お部屋の中はこんな感じでビジネスとしては普通。
ちなみに画像にお見苦しいものが写ってますが気にしないでね。
明日の野営に備えて洗濯を済ませたところです。


わざわざここを訪れたのはこの方が以前に利用されて
気に入ったのでお勧めされたことと、明日の予定が国東の友人に
会うので場所もちょうどいいと言う偶然からです。



4日目に続く

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント