--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_08
24
(Sat)06:10

50男九州一人旅 2日目 その3

2日目地図

九州鉄道博物館は滞在時間30分ほどで終わり移動開始。
昨日は15時間も走った事と、あまり眠れないことを当初から
予想していたので今夜の宿に向かうまでに予定は2ヶ所。
小倉城と太宰府天満宮の見学に向かう。

ここで想定外の事態が!

体力の消耗が思ったよりも激しかった事と気温の急激な
上昇もあって運転に集中できないし走るのが辛い!
50歳の体の現実と九州の暑さをナメていた。


小倉城

もうバイクから降りて歩いて見学なんてする気になれず
小倉城は外から写真を撮っただけだし大宰府については
入り口をチラっと見ただけという体たらく。^^;

俺は記録を残しに来たんじゃない!
記憶に残る旅が出来ればいいんだ!


なんて強がって見たものの・・・


久留米ホテル

昨夜は風呂にも入ってないし寝てもいないので、とにかく
早く体を休めたいと午後2時には久留米駅前のホテル到着。
チェックインは午後3時からだが私の表情を見た受付の
お姉さんは1時間も早いのに「ご用意出来ております」
とやさしく案内してくれた。

今日は夕方から福岡在住の友人と9年ぶりに会うので
早くも疲れきった顔を見せるわけにはいかないから
早々に風呂に入って仮眠を取っておく事にした。


友人K氏

なんとか疲れも取れて無事に友人K氏と再会した。
このK氏、私の友人の中でも異色の出会いから始まった。
今から10年ほど前に巨大掲示板2ちゃんねるの掲示板で
コメントを交わしたことが彼との始まりだったのだ。

直感というのか何なのか人には自分と相性が合うか
どうかという探知機能が備わっている。
私の場合、若い頃の旅で何百人という出会いがあり
その機能が磨かれたのか会わなくても文章のやり取りだけで
ある程度正確に感じるようになったのだ。

2002~4年にかけて彼は私の主催する模型運転会に
わざわざ飛行機に乗って来て参加してくれた。
コメントの段階ではまさか九州の人とは知らなかったし
軽い気持ちでお誘いしたのだが彼は答えてくれた。
それ以来のお付き合いである。

実は彼、九州では最も有名な模型クラブに所属し
その腕前も確かなもので何度か専門誌にも作品が
登場しているモデラーである。

駅前の居酒屋で4時間に渡って会えなかった9年を
埋めるように互いの近況から趣味の模型、バイクの事と
話しながら交わす酒の旨いこと旨いこと。^^

楽しい時間はあっという間に終わってしまい、またの
再会を願ってK氏と別れホテルに戻ったのは午後11時を
過ぎていた。



3日目に続く



スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。