--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_07
06
(Sat)07:18

至高の一品  天の80 その4

クハ86 顔

天賞堂製80系電車紹介も第4弾、クハの集大成と行きます。
上から順に行くとヘッドライトの造形ですが単に丸パイプではなく
横から見ると開閉用のフタ部分と本体の境目の溝が付いてます。
ロストによる一体成型ではなく別部品による2ピース。

そして正面おでこ右の換気口の表現もキチンとされています。
量産品でこれが再現されたのは恐らく初めてでしょう。
ワイパーはエッチングのようですが最初から塗装取付済み。
別部品ユーザー取付だと結構面倒くさい部分なのです。

ちょっとマイナス点として手摺が若干太く感じられる点でしょうか?
オレンジ部分は特に厚く見えてしまうのでもう少し細めたいところ。
完成品としての強度や時代的に見れば付いてるだけでいいのかも。

床下に目をやるとロスト製の空気配管やジャンパ栓が賑やかです。
連結器胴受けもロストで本体はダイカスト(ダミー)そして
スノープロウで足元をきっちりと引き締めています。

ヘッドとテールはもちろん点灯式でヘッドは通常の豆球ですが
テールはこの時代には珍しいLEDが採用されています。
もちろん最近のチップLEDなんてのは当時ありませんから
いかにも電気部品といったゴツイのが付いています。


クハ86サイド

横からは正面と同じ手摺の太さが時代を感じさせるくらいで
あとはこれといった不満もなくソツなくまとめています。
ちなみに運転室の側窓は画像側はHゴムのはめ込みですが
反対側はサッシの開閉式でちゃんとサッシが表現されてます。

この部分、長い間他社では左右同形態で作られており
設計者が気が付かなかったのかコストダウンによる省略なのか
わかりませんが的確に模型化された最初の製品になりました。

その他にもドアや窓のRの取り方にも神経が行き届いてますし
量産品では省略されがちな靴摺りも忘れていないし
屋根とベンチレーターも僅かな色の違いも塗り分けています。

室内も運転室機器、内部の仕切り、座席、室内灯もフル装備。
当時の電車の最高峰モデルに恥じない充実ぶりに驚きます。
重箱の隅をつつくとすればヘッドライトの配線がドアから
見えてしまうくらいでしょうか? ^^;


クハ86側面1

まだまだこの製品には初物がございまして16番車両初の
ドア表示灯が点灯こそしませんが樹脂部品で再現されてます。
最近でもプラ完成品では標準化されてきているもののブラスでは
まず見たことありません。(あるかも知れないが)

ただ残念なのはちょっとスケールより大きすぎて違和感あります。
これは当時プレスで抜ける穴径の限界なのか樹脂部品の成型の
限界なのかわかりませんが正直無くてもよかったかなと・・・

なんとしてもやったる!

という天賞堂設計陣の意気込みの表れとも言えますけどね。

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。