2007_06
09
(Sat)17:55

初挑戦

yogosi.jpg

こんなものを買ってきた。

プラモデルメーカーの最大手の田宮が発売しているウェザリングマスター
一見化粧品みたいなケースに入ってるが使い方もよく似ている。
このブログには模型とは縁のない方も結構来られてるみたいなので
説明するとこれらは模型の「汚し表現」をするものである。

要するに工場で完成したばかりでは顔が映るほどピカピカですが
実際に使用していると雨や風での泥や埃の付着、鉄なら錆びと
だんだん汚れてくるわけです。
それを模型でも表現しようというワケ。

このテクニックを商品名にもなっているウェザリングと言うのだが
技法としては主に2種類あり、塗料を使って塗装で表現する場合と
パウダー(色粉)を擦り付けてする場合があるが前者では
エアブラシと言う塗装工具が必要になるので後者を選択した。

プラモデルのミリタリー(戦争物)分野では早くからこの技法が
取り入れられ他の模型に比べれば何歩も先を行っている。
確かにツヤありのピカピカ塗装がもっとも似合わないこともあるが
基本的にディスプレイモデルだし鉄道模型に比べれば
一部のガレージキットを除いてはるかに安価なので思い切って
出来るのも理由だろう。
鉄道模型も近年になって安価なプラ製品が多く登場したので
10万円以上する真鍮製製品に比べればやりやすくなった。

とは言ってもウェザリングは上級テクニックである。
うまくやれば質感や実感が大幅にUPするがヘタにやれば
ただのキタナイ模型になってしまう。
手先の感覚は慣れるしかないが最低限の知識とどのように実車が
汚れるのかという下調べが重要だろう。

とりあえず少しづつやってみようと思います。
今回の対象は先日買った貨車ワム60000、定価3600円也。
上手くいったらまたここにUPしたいと思います。






上手くいったらね!^^A
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

こんばんは。

タミヤのウェザリングマスタは、Aセットだけ持っていますが(私が買った時はCセットは無かったような)、用途は、気軽に汚せるストラクチャのウェザリングで、屋根や壁などを汚してます。

車輌のウェザリングは実施したことがないので、りゅーでんさんのレポートを、期待してまーす。

2007/06/13 (Wed) 23:32 | さとし #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック