--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007_06
04
(Mon)10:27

黒貨車大好き

ワム90000とワム60000

幼い頃には既に新幹線が走ってて昼間の在来線には普通列車しかなく
絵本に載ってる「とっきゅうでんしゃ」は見れなかった当地。
そんな私の子供の頃に夢中になったのが貨物列車だった。

昭和50年代前半までの東海道は旅客列車は1時間1~2本なのに
貨物列車は3~4本は走ってたように記憶している。
当時既にコンテナ貨車もあったが私の好きなのは一般貨物で
黒い貨車ばかり40~50両もつなげて黙々と走る姿だった。
誰しも指差して数えたことをご記憶でしょう。


さて製品インプレッション第2弾はそんな黒貨車ワム60000。
前回と同じくアクラスというメーカーの製品である。
予約したのは去年の夏だと記憶してるが何故か発売が遅れに遅れ
ようやく昨日手にしたばかりである。

さっそく製品を見てみよう。
左にあるのは比較の為に並べてみたKATOのワム90000。
素人目には良く似た貨車だけど、値段はほぼアクラスの半額。
大手メーカーと新興メーカーの差が値段に影響してることは
確かだがアクラスもそんなことは百も承知で高価だけど納得できる
製品を目指したことが良く現れている。

KATO製品が質実剛健で細い手すりなどをほとんど車体と
一体成形しているのに対し細い真鍮線を駆使して全ての手すりと
妻板の解放テコまで表現してるのはお見事の一言。

床下周り


床下にもこだわりが出ていてブレーキ配管、シリンダー、足ブレーキ
てこまで手間のかかる組立構造なのだ。
値段が高い分、KATO製より全てが上! かと言うとそうでもない。

さすがに1日の長があるのか走行モデルとして最も重要な性能は
KATOの方が1ランクも2ランクも上を行ってるのだ。
その要は車輪周り全てに及ぶ。

アクラス製は車輪の輪芯部をプレートタイプとスポークタイプに
付属部品で交換が出来るようになってるがそのせいか輪芯の
中心精度がやや悪く指で回してみるとわずかにブレがある。
(左右にもブレが出ている)
転がり性能もKATO製とは比べ物にならない。
またKATO製は2軸車ながら独特のサスペンション機構を搭載し
これが転がりの軽快感をいっそう際立たせているのだ。

性能も比較すればさすがに大手のKATOには負けるのだが
実際に走らせて影響のあるほどではない。
あくまでも重箱の隅をつついた時のわずかな差と言っていいだろう。

何よりも地味で脇役といった感のある(しかも昔の)貨車が
プラで量産されることは大歓迎なのである。
KATO製より高価だと言っても真鍮製の完成品など買えば
10倍はするしキットだって必要部品を揃えて塗装まで持ってくと
1万円は下らないのである。

で、今回は3両をお買い上げ! 1割引で1万弱。
出来れば・・・出来れば・・・

あと10両は欲しいんだけどね。
^^

ボーナスまであと一ヶ月・・
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

赤鬼さん、さとしさんこんちは!

貨車に目の無い私には3600円は安く写りました。
ホビーのキットだって車輪やインレタ、カプラーなどをそろえれば結構なお値段になってしまいますよね。

黄色のタンク車・・・長いことTOMIXの予定品になってますがなかなか発売しませんねえ・・

2007/06/09 (Sat) 17:04 | りゅーでん管理人 #- | URL | 編集 | 返信

当鉄道にも配属

お久しぶりです。
ACLASSのワム60000、当鉄道にも1両配属となりました。
下回りのディティールは見事ですね。ただ、持ち方が悪いと簡単に壊れそうで、チョットやり過ぎの気もしますが。
10両ぐらい欲しいけど、高いので1両でガマンの予定です。

2007/06/09 (Sat) 15:27 | さとし #- | URL | 編集 | 返信

私の場合は

黒い貨車の間にたまに挟まっていたりする「白い冷蔵車」や「銀色・黄色のタンク車」にとっても萌えていた記憶があります。

2007/06/05 (Tue) 20:20 | 赤鬼さん #FCbMmv32 | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。