--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006_01
22
(Sun)13:00

王からの指令

田宮のプラ板

”3王2鬼1明神1将軍”
紙の世界を司る化身達がこの板を見守っておられる。
つまり3人の王様は大王、魔王、爆王
2人の鬼は大阪の巨鬼と名古屋の赤鬼(スカーレットとも言う)
あとは神奈川県の某所におられる明神さま。
最後に普段は山から下りて来ない闇将軍。

いずれの御仁も花月園やらネットやらで知り合った人物で
鉄模界の紙工作では名の知れた有名人でもある。
つまり私から見れば大先生なわけで敬意を込めて(ホントか?)
勝手にこう呼ばせていただいているわけである。

そのうちの一人、魔王様から

「Uカッターが入手できるので工作中止せよ」

とのメールが携帯に届いたので
本日は床板、床下の検討に入った。
床板は魔王様のお手本通りにプラ板を使うつもりで
写真の1.2mmと2.0mmをあらかじめ入手しておいた。
手持ちに1mmがあるのだがどうもペナペナで頼りない。
動力化を考えると不安であるが明神様はMP動力で1mmを
使っているようだ。

板厚が決まらないとアングルの位置も決められないし
そもそも工作が始まらない。

さてどうするべ?

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

むずかしいぽ

本日は尿石の痛みをこらえながら届いた
Uカッターの試し切りをしておりました。

確かにすごく便利ですが魔王のいうとおり
力加減や切る環境を自分流に会得しないと
使いこなすのは難しいです。
でもあと2~3本柄があると効率よさそう。

爆王さま明神さまいろいろお手数かけます。
魔王さまの製作記事を参考にいろいろ試行誤差を
繰り返している状態からまだ進みませんが
そろそろ来週から本番に入りたいと思ってます。

早くしないと春の花月園の準備も始めないと
ならなくなるので工作進まんし・・

2006/01/29 (Sun) 19:47 | りゅーでん管理人 #- | URL | 編集 | 返信

床下機器の取付位置

エンドウのは車体下面と同一面(かやや引っ込み具合)ですが、日光のはあきらかにひっこめないとダメですね。エンドウのは床下機器取付板に取り付けての前提なので、そうなってます。が、日光のって何を基準なんでしょうね。
各社いろいろでてますが、取り付け方はそこが出しているキットの構成を見るとわかるかと思います。
キハも日光のを使ったやつは若干宙に浮くなぁ。。。^^;

2006/01/29 (Sun) 11:32 | てつ #/yrEbBoQ | URL | 編集 | 返信

三段窓

せっかく抜いたクモヤ90、箱にしませう^^。
箱に組立てる練習になりますよ。
先程までM松大王と飲んだくれてまして、三段窓の型紙を分けてもらえる事になりました。見本のクモヤ90をの発送する際のオマケとして窓抜き済の三段窓も入れておきます。なので発送は暫くお待ちを・・・

2006/01/29 (Sun) 00:43 | 厚木の爆王 #lstlR5u6 | URL | 編集 | 返信

エッチなゴム

そうですか。
やっぱ烏口ですか。
先日の花月園で見たあの79-920も
烏口ですか・・・・いやいやまたもや練習ですな。
はい、烏口は買ってありますです。
2600円もしました。

そういえばエッチなゴムってしばらく・・
いえなんでもございません。(^^A

2006/01/27 (Fri) 19:44 | りゅーでん管理人 #- | URL | 編集 | 返信

ぬわぜ

浅田魔王って何?

浅田って何よ?浅田って・・
魔王様。

2006/01/27 (Fri) 07:00 | りゅーでん管理人 #- | URL | 編集 | 返信

M大王さまのおっしゃっていたいさみやさんの品が、昨日到着しました(^^)
で、たった今、クロネコメール便での発送を済ませました。
週末には間に合いそうですね(^^)

っていうか、、体調は大丈夫ですかぁ???(^^;
切り抜きどころではなかったりして。
ご無理のないように(^^)

ジワジワとカリスマモデラーへの道を歩んで下さい(^^)

2006/01/27 (Fri) 04:00 | 浅田魔王 #- | URL | 編集 | 返信

79920の型紙、了解いたしましたぁ\(^o^)/

今日いさみやに行ったら、魔王の頼まれたものを昨日荷造りしていたそうな(^^)

で、Hゴムは烏口ですよ、絶対!(きっぱり)
なぜかと言うと、確かに○○マーカーみたいのでもいいとは思うのですが、烏口を使うことで、手先を鍛えることにもなるらしいのです。
詳しいやり方は、赤鬼さまがご出演のDVDに詳しく出ておりますので~(^^)

2006/01/26 (Thu) 22:35 | 大王? #5RRdFj/s | URL | 編集 | 返信

赤鬼さんいらっしゃいませ!
赤い電車ですか・・

実は「とれいん」の800型の型紙も
しっかりとってありまする。

いや、いつになるかわからんけどね。
個人的には400型連接車なんかいいなと。

2006/01/26 (Thu) 21:55 | りゅーでん管理人 #- | URL | 編集 | 返信

フレ~フレ~♪

はじめまして。
「二鬼」のうちの一人、ナゴヤの赤鬼さんです。
ネタがネタだけに、今回私のような者が口をはさむ出番はあまりないと思います。
私よりも良い先生が揃っているようですので、管理人さんが赤い電車を作りたくなるまで「授業参観」させていただきますね(^^)。

2006/01/26 (Thu) 19:25 | 赤鬼 #eHf/9g8Y | URL | 編集 | 返信

あらら

M岡おいら@爆王さまじゃなかったのですね。
失礼しました。
しかしM松さんが「おいら」ってなんか・・・
いまいちピンと来ん。
まあ、どうでもいいことですが。(^^)

ところで床下機器ですが日光製を購入する際に
鰻屋の店主が同じこと言ってました。

「取り付けの際は1mm下げないと足りない」って

ちなみに完全にスケール通りの高さに取り付けると
全く走らない模型になるそうです。
そりゃそうですよね実車を見ればレール面スレスレ
ですもの。
ゲージ論、スケール論をうるさく言う奴らもこの点に
は無関心なのか黙殺してるのかって・・
店主はおおいに語っておられました。

さて話は変わってお願いがござりまする。
クハ79-920の型紙をお持ちでしたら譲って頂き
たいのですが。
魔王から頂いた型紙はクモハ+モハで富山港の
2連を作れないのでございます。
アングルについては3×3の角材ならありますし
金属を採用するにしてももう少し工作が進捗してから検討します。(とりあえず窓抜き終えなきゃ)

作る前からHゴムどう表現しようか悩んでる
りゅーでんでした。

2006/01/26 (Thu) 10:38 | りゅーでん管理人 #- | URL | 編集 | 返信

>厚木の爆王さま?
>おいらって言うのは多分そうだと思いますが。

いえいえ違います(笑)
M松でございます(爆)

アングル、4×4の入手が難しいですか・・・
いっそのこと、3×3の木の角材でも良いのでは?

2006/01/26 (Thu) 02:46 | 大王? #5RRdFj/s | URL | 編集 | 返信

厚木の爆王さま?
おいらって言うのは多分そうだと思いますが。

>2ミリのプラボード、意外とやわ

そうですか・・
パワトラ装着ならこれくらいでいいかなと
思ったんですが。
ちなみに3mm厚もありましたがそうなると
木と変わらないの。
今回プラ床にしようと思ったのはTNカプラーを
採用するためです。
ウェイトのこと考えたら金属床がいいんだけど
こちらでは入手できません。

>アングルは4×4ですか??

実は3×3と3×2しか手元にありません。
考えてみたら車体との固定には2mmねじを
使うのだからちょっと役不足ですよね・・

ボルスタは魔王様の記事見て適当に
ワッシャかましてやればいいかと思ってたんですが
う~んわからないことだらけですね。

2006/01/25 (Wed) 13:30 | りゅーでん管理人 #- | URL | 編集 | 返信

神奈川の大王?です(笑)
元祖大王?といえば連接大王様ですが・・・^^;;;

床板のことですが・・・
2ミリのプラボード、意外とやわなのでご注意くだされ。おいらはいつも1.2ミリのプラ板を2枚重ねております。

重ねる張り合わせる際、一枚にはところどころ1~2ミリくらいの穴を何箇所かあけておきます。
2枚をプラ用の接着剤で数箇所のみ仮止め、次にそのあけた穴と断面からサラサラ瞬間接着剤を流し込んで固定するでござる。

アングルは4×4ですか??
これを下向きに使うと、床板がはまる深さは約3.4ミリくらいのはず。下向きに使うと車体裾が裏から金属で保護されることになるのでグッド!
この貼り合わせの床板は2.4ミリなので車体裾から床板の奥まりは1ミリになるんです。

で、これに2ミリ厚のボルスター使って台車をつけると車体の高さはOKですのじゃ!

市販のボスルターで2ミリはP社から出ていますが、お値段がすばらし過ぎるので、おいらはいさみやの1ミリ厚のものを2枚重ねしてまする。1枚50円(^^)

床下器具は、床板が1ミリ引っ込んでいることもあり、プラ材、プラ棒などで1~2ミリ足をつけてぶら下げる感じで♪
特にコンプレッサー(太鼓みたいなやつ)はかなり下までぶら下がっている感じですね~。


2006/01/25 (Wed) 12:15 | 大王? #5RRdFj/s | URL | 編集 | 返信

お・ま・た・せ!(^^)

松戸の魔王です(爆)

Uカッター到着まで、もう少々お待ちを(^^)
で、切り抜き後の失敗予防としましてちょっと(^^)

この先「下地処理工程」に入ることと思いますが、絶対に
やってはいけないことがあります。

サフェ、パテ、接着剤など、ケミカル類の全てに言えますが、
"完全に乾燥してから"ペーパーをあてて研磨して下さい。
"完全乾燥"した時点で、はじめて強い研磨ベースとなります。

先を急いで生乾きのうちにいじると、剥がれたりしてかえって
面倒になります。場合によっては修正不可能ともなりますので。
解りきっていることとは思いますが一応(^^)
これは塗装時のマスキング前にも言えます。
なにせ完全乾燥は基本です。

あと、ちょっとした切り抜きミスや切断面の荒れには
断面に瞬間(サラサラ)を染み込ませ固めると、
ヤスリの歯が立つようになりますのでおすすめです。
角材やプラ板に#600のペーパーを貼った細かいサイズの
ヤスリを数種用意しておくと便利です。で、これをする
必要がある場合は、側板の面研磨の前に全て済ませた方が
良いです。車体にサフェを吹く前ですね(^^)

写真を良く見てふと思ったのですが、かなり用心深く進めて
いるのでは?(^^)、これは必ずや竣工車体が見れますね(^^)

もひとつ、

今から始められることなんですが、
ご家庭でゴミとなる、コーヒーや佃煮の瓶、ヨーグルトやプリンの
カップなど、全て綺麗に洗って工作室に保存おいて下さい。
塗料を溶く、リキテックスを溶く、色差しで少量の色を作る、などなどに
もの凄く威力を発揮します。フタのついた瓶はラッカーの溶きや保存に
役立ちます。お金の掛からないことですので是非習慣にして下さい(^^)

2006/01/22 (Sun) 16:09 | #OARS9n6I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。