--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_11
03
(Sat)22:47

特別な日

ボレロ

毎年11月3日は「文化の日」だが、りゅーでん夫婦にとっては
結婚記念日でもあり21回目のこの日を無事に迎えることが出来た。
この日だけは子供たちを留守番させて夫婦二人だけで食事する。

今年チョイスしたお店は豊橋駅前繁華街にあるフランス料理店
場所柄お値段も高いが市内でも1,2を争う名店であり
何を食べてもハズレが無く、これまでにも4~5回利用している。




小前菜

本日のアミューズ(前々菜)はテリーヌとホウレン草を練りこんだ
フランス風オムレツ(と説明された)にピクルス?が一切れ。

お酒はイギリスの老舗、よき時代の味をそのまま残すレーベンブロイ。
発泡酒に慣れた舌にはとても濃くて豊潤な香りがたまらない逸品。
日本でもライセンス生産してるがこれは本場物でちょっと高い。



前菜

オードブル(本前菜)は本日のお勧めを選んでヒラメのカルパッチョ。
非常にまろやかなオリーブオイルで酸味もほどほどであり
厚めに切ったヒラメとの相性はなかなか良い。




魚料理

ポワソン(魚料理)はマダカ(スズキの地方名)の焼き物。
身自体は焼いただけで味付けは無く香草を練りこんだソースを
付けて食べるもの。 

ここでメインディッシュに備えてお酒を変更する。
イタリア、トスカーナの赤ワインをグラスで一杯。



メインディッシュ

そしてメインディッシュの登場!
三河牛の頬肉赤ワインソース仕立てである。
非常に柔らかくてフォークだけで切って食べれるし
付け合せの野菜類も火の通し方が上手くて歯ごたえもGOOD! ^^



デザートは

そして最後のデザートはショコラとバニラアイス。
あと画像には無いけどエスプレッソコーヒーで〆ました。


本日のお食事代、予想より安くて二人で16,000円ほど。
お酒をボトルで頼まずグラスで済ませたことと
前回よりは料理の設定料金が低かったみたいです。

クリスマスディナーとなると料理だけで一人1万円!
なんてのもこの店ではあります。^^;


ひとり8,000円の食事代というと贅沢に感じる方も
いると思いますが、どうでもいいレベルのお酒と大した事無い
料理の忘年会だって5,000円はかかりますし
二次会の費用を考えれば一晩で使うお金としては決して
高いとは思わないし満足度だって全然上ですよ。


ただしこの手の店は

一緒に来る女性が必要です。

野郎だけじゃ話も下品になりがちだし雰囲気にも合わない。
来ちゃいかんという訳ではないが周囲からは確実に浮く。
大人の食事を楽しむ所だからそれなりの気構えは必要だし
少なくても携帯を席で鳴らすような馬鹿には来て欲しくない。


以前どこかの店でいたんだよなそういう奴。


メシ食ってて殺意が湧いたのは生まれて初めてだったぜ。
鳴ったらすぐに店の外に出て行ったので良かったが
その場で会話始めたらキレるところだったぜ。


「ここはどこだか知ってるかワレ!」

ってこめかみピクらせて言うだろうな俺。

















スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。