2012_10
06
(Sat)19:48

模型リハビリ開始?

タキ3000と1900

もう15年以上前になりますかね。
16番模型を再開して数年経ってましたけど、その頃はまだ
お手軽なプラ製品は少なくて大好きな貨車で言えばKATOの
コキ10000系とホビーモデルのキットが数種出ているだけ。
足りない形式はエンドウのブリキ製品をレストアしたりして
補っておりました。

そんな時、16番に参入間もない(それでも5~6年は経っていた?)
TOMIXより発売が発表されたのが画像奥のタキ3000タンク。
そりゃあもう飛び上がって喜んだのを今でも憶えております。

当時のタンク貨車と言えばブラス主流で完成品なら3万円以上!
その丸い胴体は真鍮キットを組んだこと無い者には敷居が高いし
かといって当時プラ製品のタンク貨車など皆無だったから。

電機が10万の時代に貨車1両3万は手が出ん!

プラキット発売後に早速入手し一生懸命組みました。
小学生から作ってたプラモデルと大差ないのですが美しく仕上げる為に
自分としてはかなり真剣になっていましたね。

特にタンク体合わせ目が目立たないように何度も何度も研磨し
出来上がったときには本当に嬉しかったですね。
創成期のキットであり型が甘かったりする部分があったり
2両で4500円と予想より高価だったり不満が無いわけでも
無いですがこのキットのヒットにより後に他メーカーも
この分野に進出したのですから功績は大きいですね。

実は今回、心のリハビリってわけでもないんですが
工作再開に向けて熱心だったあの頃を思い出すために
久しぶりに出してみたのです。

初期のプラキット組車は強度的に脆い部分があり
運転会のたびに持ち出すのには適していません。
同型車が複数ありましたが度重なる運搬で破損が進み
画像の2両と共に工作部屋で休車になっています。

それでもどんな薬よりも自分が愛着を込めた物を
眺めるほうが気分転換にキクような気がします。








スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

いいと思います

おはようございます(^ ^)
我々の最大の強みは「鉄道模型でリハビリができること」です。マイペースでゆっくりやっていけばいいかと思います。

2012/10/08 (Mon) 02:59 | banushi #tgwohGZ2 | URL | 編集 | 返信

 焦らず、ゆっくりやりましょう。急ぎの作業でもないでしょうし。模型を眺めているだけで、リハビリになるならいいですね。工作するにも無理せず少しづつ進めてください。
 うちの方は、明日から関東合運です。今回は、なんだかいまいちテンションが盛り上がらない。(歳のせいかな…?)

2012/10/07 (Sun) 00:20 | 工房5丁目 #- | URL | 編集 | 返信

某所でのローカルな話題、有難うございました。
酒呑みの丸地さんは元気だったんでしょうか?
 
ところで、模型(プラ貨車)でリハビリだそうですが、あまり無理なさらずに徐々に調子が上がって来る位のところからでいいんじゃないですか。 眺めていることで身体の中から、何か熱い物が湧きあがって来るでしょうから・・・

当方は合運終了後、物書きと工作で前より少々忙しくなって来ました。

2012/10/06 (Sat) 22:04 | 広島工場 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント