--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_08
17
(Fri)22:57

りゅーでん帰省します。  その4

遺跡?

帰省3日目に向かったのはここ。
もちろん、ここは日本でローマ遺跡でもマチュピチュでもありません。^^
これが一体何なのか説明無く判る人はここをご覧の方に殆どいないんじゃ?

実はこれ、鉱山の採石場の跡地でして円形の建造物はかつての
選鉱場と呼ばれるもので、その名の通り採掘した鉱石を仕分け
したいたと思われます。

場所は兵庫県朝来市の神子畑地区と言う所で国道を逸れて
1時間ほど山道を走ったところに忽然と現れます。


1円電車1

もちろんお目当ては鉱場跡ではなくてこちらです。
「1円電車」として全国に知られた明延鉱山の車両が見たかったのです。
かつては国道沿いの道の駅に保存されていましたが2年ほど前に
こちらに戻ってきて再整備され展示されています。

前回の帰省時に生野銀山跡にある保存車は見て来ましたが
こちらの車両は道の駅にあることも知らず前を通り過ぎていました。
再び見ようとしたらこちらへの移設を知り今回初めて訪れました。


鉱車2

整備されてから日が浅いのか状態は良く運転室機器も一通りあります。


鉱車3

小さな車体ですが車輪は結構大きいですね。



実は明延鉱山の車両には動態保存されているものもあり、公開日には
実際に数十メートルの線路を走り、しかも体験乗車が出来ます。
今月の公開日は一週間前に終わってたので動くところは見れませんが
車両だけでも見れないかな?と思ってこの先の明延地区まで
向かうことにしました。


しかしコレが実に大変でした。



圏外だって!

山道を走れど走れどなかなかたどり着けない。
ところどころに集落は点在するものの人は通らん、車も通らん。
しまいにゃ携帯も圏外になるから何かあったらもうここで朽ちる
しかないし引き返すには遅すぎたのである。

鹿どころか天狗が出るなこりゃ!

半分あきらめ顔で走ってると今度は天候が急変して山奥なのに
雷雨に襲われ前もロクに見えないなか更に1時間ほど走って・・・



鉱車4

ようやく発見しました。
動態保存の車は仕舞われているらしく見れませんでしたが
先ほどとは違うタイプの保存車を見ることが出来ました。

普段鉱山車両なんてあまり興味は無いのに急に奮い立ったのには
もちろん理由があります。



DVDとペーパークラフト

たまたま寄った本屋でDVDを、たまたま寄ったドライブインで
ペーパークラフトを発見してしまったのです。
この遭遇によって普段は入らないスイッチが入ったのです。

このまま行くと次は模型か?
ちょうど某オークションに出てましたがさすがに我に返りました。
これ以上ハマッたら本当に戻れなくなるぞと感じたからでしょう。


これにて帰省編は終了です。

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。