--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_07
27
(Fri)20:17

それでも食いたい

丑の日うなぎ

本日は土用の丑の日なので夕食はウナギでございます。
世間で騒いでる通り、今年は決して安くは無いのでお店で
食べるのは諦めてスーパーの冷凍物で我慢です。

一応は国産ですけどね! ^^;

我が家はその昔、親父が入退院を繰り返してこともあって
現在では考えられないほど酷い貧乏でしたけどウナギだけは
妥協せず天然物を採って来て家で捌いて食べてました。

病気持ち親父でしたが魚に関しては釣りから料理から
相当な腕前の持ち主だったらしいのと、その頃はまだ近所の
川で天然のウナギが採れたのもあって今ほど高級感は無かった
のですが、ウナギと言えばそれが当たり前だったので
子供の頃から舌だけは肥えてましたね。

ウナギといえば我が町は日本で養殖が1番の一色町と2番目の
浜松の中間地点にあり市内にも多くのウナギ屋さんがあります。
その中で我が家が贔屓にしている店が自宅から1kmほどの
ところにあるのですが他店と違って少し変わっているんです。
普通なら一番繁盛する日のはずの・・・

土用の丑の日は休業! 

毎年、何曜日であろうと丑の日は必ず休業するウナギ屋。
客が殺到して裁ききれないのが嫌なのか、お断りするのが
面倒くさいのか店主の流儀なのかわかりませんが。

そんな店ですが味は良いし常連もたくさんいる隠れた名店。
他人に理解されんでも拘りを通すってなんか素敵である。
わかってる常連はそれに決して文句を言わないのだ。
なにか男気を感じるねえ・・・ここの店主なら、


抱かれてもいいわ俺!^^


(爆)


*注 管理人はノンケです。あくまでも例えです。^^;

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。