--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_05
23
(Wed)07:00

一人でお出かけ  見学編2

今回は出展されている他のクラブの様子をご案内。
鉄道模型ならなんでもと言う感じでZゲージから5インチライブまで
ほぼ全ゲージ(12mmと13mmは見なかったかな?)ありますし
クラブ数も恐らく20を超えているので最初にお断りしたとおり
とてもじゃないけど全てをお伝えすることは不可能でございます。

ビル一つ丸々という規模ですから

詳しくは他の方のブログや来月発売の雑誌でご覧下さい。^^


静岡HOクラブ

まずは「とな会」さんのお隣に16番では最大規模のレイアウトを
持ち込んだのはトレインフェスタの幹事担当クラブで地元の「静岡HOクラブ」
フル編成が十本以上並ぶ広いヤードと圧巻の車両数に驚きます。

そして目を見張るのは大レイアウトのベースというか台枠が非常に
綺麗に精度よく作られていて手入れも行き届いております。
お話を聞くとやはり本職の木工屋さんが会員に居られるとのこと。
さすがにこの規模となると他での会場では出せずグランシップ専用で
年に1度の為にだけ存在するそうです。


静岡2

その静岡HOクラブのレイアウトで気になった車両があったのでパチリ。
このドクターイエローは造形村の0系を改造して作られたもので
昨年のRMモデルスにも製作記事が出ていたそのものです。

ちなみに今月発売のRMモデルスの表紙を飾った300系も同じ
作者でドクターの隣にプラ板フルスクラッチの16両編成が並んでます。
O岡さんに紹介してもらい作者のO氏とご挨拶させて頂きましたが
恐らく私より10歳以上若く大変気さくな方でした。

今年は残念ながら中止になりましたが関東関西の交流運転会である
「こだま運転会」もこの静岡HOクラブが基幹となって運営雑事を
一手に引き受けており東西の橋渡し役を努められております。
規模は違えど同じ主催者の端くれである私から見ても・・

頭が下がる想いでございます。



アール鉄道クラブ

同じくお隣にあるのは同じ静岡県でも浜松に拠点を置く「アール鉄道同好会」
今から15年以上前にウナギ模型のご主人に教えられて公開運転会に
車両を持ってお邪魔したことがあるのですが、さすがにクラブ員さんの
顔までは覚えてないので声も掛けれずチラ見してるだけでした。^^;



長くなりましたので今回はこのへんで。

もう少し続けます。







スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

短い挨拶のみでしたが無事にお会いできてホッとしました。
次回はお酒でも飲みながらゆっくり腰すえてお話しましょう。

2012/05/26 (Sat) 11:44 | りゅーでん管理人 #- | URL | 編集 | 返信

お会いできて光栄でした。

 遠路、会場までお越し頂き、有難うございました。一度お会いしたいと思っておりましたので、当日、お会いできて光栄でした。
 これからも、よろしくお願いします。

2012/05/25 (Fri) 21:11 | 工房5丁目 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。