--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_04
30
(Mon)11:27

名機発見

てなわけで、少しでも工作しやすい環境をと二日酔いの頭を
引きずりながら工房の整理を始めました。
前回の記事では未公開の工作机の足元が一番危ないので
まずはそこから手を付けることに。

私は真冬以外は裸足なので足元に落ちた部品が
後日足の裏に刺さって悶絶することを何回も経験しており
いつも綺麗にしなきゃと一番感じてる場所です。

普段は見もせず手も突っ込まないような奥に溜まった
ゴミを掃除しようとゴソゴソしてたらそれは出てきました。


ちびわん

この画像中央の機械が何だかわかりますか?

小型モーターを使った卓上電動ピンバイスで要するにボール盤の

模型専用機で商品名を「ちびわん」と言います。
商品名表示は正確には「CHIBI-Ⅰ」です。

今から20年ほど前に模型雑誌の広告を見て銀座のお店(天賞堂じゃない)
から通販で購入したもので現在は絶版となっています。
先日の模型誌で「清吉ドリル」なる工具が紹介されましたが
そのアイデアの元になった製品です。

0.5mm以下のドリルは扱いも使用も非常に難しくちょっとでも
余分な方向に力が加われば細いゆえに硬くて折れてしまうドリル刃を
上下方向の動きに限定させることで保護することが出来ます。

これで高価な精密ドリル刃を破損させることなく必要な穴を
正確に空けることが出来、サイズも0.1~2.0まで付属のコレット
を使って対応するので模型工作に必要な穴あけの殆どはこれでOK。

しかし近年は完成品加工と旧製品レストアが工作の殆どを占める様に
なり平面からの加工はしなくなったため、仕舞いこんでいました。
久しぶりに動かして見たくなりましたが電源が行方不明です。

この「ちびわん」標準で乾電池ケースが付いていてそれを結線する
のですがそちらは見つかっていません。
確かオプションでACアダプターもあり一緒に購入した記憶が
ありますがそれも見つかりません。


たぶん捨ててしまった。(汗)

以前の携帯電話の充電器などと一緒に、その時は何用だかわからなかった
アダプターも何個か一緒に処分した覚えが・・・・

乾電池で駆動させるなら確か単一電池2個仕様だったので
電気部品屋にでも行けば必要な部品は揃うはずです。
せっかく見つけたので久しぶりに復活させようと思います。



スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

1.8V出力なら発掘できました。
ハードオフでジャンク探しておきましょうか?

2012/05/09 (Wed) 22:53 | よこやま #pkLhdCmI | URL | 編集 | 返信

頼んます。 

2012/05/01 (Tue) 15:44 | りゅーでん管理人 #- | URL | 編集 | 返信

ACアダプタは捨てずに溜め込む方なので、探してみましょうか?

2012/04/30 (Mon) 20:07 | よこやま #pkLhdCmI | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。