--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007_03
10
(Sat)12:31

貧乏との戦い

折れちゃった・・・(・・、)

先週買ってきたトミックスのEF66(ひさし無し)
実はEF66は好きな機関車で既にエンドウ製のブルトレ仕様機と
今回の物と同じトミックス製のJR仕様を既に持っています。
それでも昔から頭の中にある「レサ編成にはひさし無しが似合う」
というイメージが消えず今回の購入となりました。

前回の記事のようになぜか途中でEF58の改造に行ってしまい
この66はほったらかしになっていたので昨夜から作業再開。
ところが既に塗装してあったパンタを付けようとしたらナント・・

集電舟が折れているじゃないですか! 

集電舟とは画像にあるようにパンタグラフの最上端にあたる部分。
通常は可動部であるパンタは金属性がほとんどなのですがこの製品だけ
は下半分と集電船だけがプラという構成なのです。
ですから非常にモロいと言うことを以前の製品で判っていたのですが
開いたときのカタチがちょっと傾いてるので手で無理やり治そうと
した時にクラックが入ったものと思われます。

一番簡単なのは金属製の製品に交換すると言うことですが・・
パンタグラフの価格は平均で1つ3000円位で2つ必要なのです。
当然近所には売ってないし先週のバカ買いでオカネもありません。
大体が18000円程度の車体にパンタが6000円なんて
どうも納得いかないのです。(それでも変えてある奴もありますが)

仕方ないので折れた端を拾い上げてゼリータイプの瞬間接着剤で
応急処置し塗装をすればなんとか持つんでないかい?と

      これが甘かった!

画像にあるパンタは良く見ると塗装してません。
実は最初に折れた塗装後の奴は碍子を付ける際に勢い余って
粉砕してしまったのです。
1つだけ予備があったのですがこれも形状がおかしく手で修正してたら
ボキッと逝ってしまいました。

こういう時はどうあがいても良くない方向にしかいかないということを
長い経験から体が知っておりますが意地が邪魔して止まりません。
結局はパンタを買っている自分の姿が思い浮かびます。

ああ・・・
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

手持ちで余っているパンタを見たら、(私はカマ屋ではないので当然の結果ですが)PS-17はおろか、ホーンタイプのパンタはなかったです。シュータイプなら何基かあるんですが。。。残念

2007/03/11 (Sun) 16:20 | てつ #- | URL | 編集 | 返信

ご投稿ありがとうございます。

折れたパンタは執念でなんとかなりました。^^;

分売パンタもけっこうするんですね。

2007/03/10 (Sat) 14:02 | りゅーでん管理人 #- | URL | 編集 | 返信

TOMIXのパンタなら分売されているので、これを入手されるのが一番安価でしょう。
http://www.tomytec.co.jp/tomix/menu/tomix_2_4.htm

金属製品に交換した人から貰うのが一番ですが…。

2007/03/10 (Sat) 13:43 | f.baba #aAPbQRNw | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。