FC2ブログ
2012_03
25
(Sun)07:27

アナタ色に染めて・・・

黒染液

今更ですが、ようやく造形村DD54の新車整備開始です。
遅れた理由は仕事の忙しさもありましたが追加工作の準備が必要だったから。
画像中央の黒染液の入手にちょいと時間がかかってしまいました。

この黒染め液、地元のホームセンターにも売ってるのですが
何分にも一般工業向けなのか、やたらに量があるしその分価格も高い。
模型工作で使う量なんてしれてるので購入を躊躇していました。

そこで一考、偶然にも市内に単身赴任で住んでる模型仲間がいますので
その方に相談したところ手持ちの分を少し分けてもらえる事になりましたが
互いに忙しい身でなかなか時間が合わず先日ようやく受け取って来ました。

某N村助教授様ありがとう。
当日お礼もそこそこに退散したのでここで改めて。^^

さてこの黒染め液、何に使うのかというと製品では細すぎるエアホースを
省略されている部分を含めて交換するためにロスト製の部品を購入しましたが
この部品、鋳造されたまま素材色なので黒くしてやらなければなりません。

いつかのトラムウェイのEF60の時も交換しましたが、その時は
黒染めではなくプライマー拭いてアクリル塗料を筆塗りしたのです。
元がピカピカ光るのでそれを隠そうと塗り重ねたら分厚くなってしまいました。
そこで黒塗料を最小限にする為に塗る前に黒染め液で光沢を取ろうと。


黒染めセット

以前にも黒染めとしてネオリューブを使っていましたが、所詮本来の「染め」
ではなく上塗り液なので耐久性に問題ありましたが手軽なので愛用してました。
今回の黒染めは表面を酸化させて光沢を取るもので「いさみや」製です。

何分初めて使うのでN村助教授と王将で食事しながら使い方をしっかり聞いて
その手順通りに進めるためにはもらってきた原液のままでは使えません。
まずは原液を5~10倍程度に薄めるために容器とスポイトを用意。

パブ○ンの空き瓶って便利です。^^


黒染める

次に万年塗料皿を3枚並べて左から真ん中の染め液に移し、しばらく置いて
右の皿に移すという作業をエアホース一本一本ピンセットで掴んで行います。
一瞬浸けるだけで良いと聞いていましたが希釈が薄すぎたのか染まりません。
そこで30秒ほどそのままにしておいたらようやく染まってきました。

濃い液で短い時間の方がいいのか、薄くして長く浸ける方がいいのか不明ですが
いずれにしてもあまり黒くなるまで浸けると表面が剥がれるとの事でしたので
もう少しかな?というところで止めておきました。


黒染めできた

いい具合に染まりました。(≧∇≦)b
多少は浸け時間を変えてみたりしたのですが液が薄いせいか時間差が少ないせいか
あまり違いは見られませんでした。

後は黒塗料を薄めに塗ってやれば準備完了です。


さて、ちまちま始めますか! ^^;







スポンサーサイト



C.O.M.M.E.N.T

No title

gay92さま、お久しぶりです。
お会いできなくなってから20年以上経ってしまいましたね。
いつかまた旅関係でお会いしましょう。

2012/03/27 (Tue) 09:55 | りゅーでん管理人 #- | URL | 編集 | 返信

器用ですね。
DD54、学生時代に夏休みを山陰で過ごし毎年新車を見ていました。
あの色好きです。

2012/03/27 (Tue) 08:25 | guy92 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント