--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_02
27
(Mon)06:12

造形村DD54 デビューする  その2

顔比較DD54

あまりの部品後付けの多さと2両もあることでまだ躊躇してる新車整備のDD54。
運転会の当日朝、それでも何もしないまま持っていくのはちょっとなと思い5分整備。
この2両右の3次型が施工後で左が製品購入のままの6次型。

どう違うか解ります?^^



P1020619.jpg

ヒントは以前に某家電量販店の模型コーナーで見つけたコレ!
車体の継ぎ目などを強調する為のスミ入れ専用液で鉄道専用ではありませんが
16番車両にも使えるかなと何となく購入してあったもの。

通常の塗料でもスミ入れは出来ますが予め一定の濃さと粘度で調合してあり
しかもエナメル系なので失敗しても簡単に拭き取り修正が出来ます。
また、非常に粘度の低い液体でほぼ水に近いので、かるく筆で当てるだけで
毛細管現象を起こしてスムーズに溝に流れるという特性があります。

ちなみに最初の画像では運転席窓下の通風器に塗布して見ました。
画面ではわかりにくいのですが肉眼では立体感が強調されて
実車に近くなったような気がします。


ファン色入れ

屋根上の排気ファンにも塗布してみました。
上がノーマル、下が施工後でやはり画面では解りにくいですがはっきり違いがでます。
ただし垂れるほど液を筆に付けると金網下のファンまで色が付いてしまうので
ここは極薄く筆を這わせてあります。


エアフィルター

やはり一番効果が大きいのが車体側面のエアフィルターでしょう。
実車ではフィルターの枠外まで煤煙で真っ黒になっている場合が多いですが
モデルにおいてそこまでやりたくない場合にも有効な手段に思えます。

私も最近になって製品にウェザリングをするようになりましたが、失敗のきかない
エアブラシ等の技法はまだ敷居が高くてパウダーや専用液に頼っております。
お手軽な技法でいかに効果を出すかは後は本人の工夫しだいですね。

他人にオッ?と思わせる一癖ある車両

そんな車両を持ちたい作りたいって思いませんか?

なかなか難しいことなんですけどね。

考えてるだけでも楽しいっす。^^




スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

工房5丁目さん

30年以上前に全廃されたいるにも関わらず根強い人気がありますね。
売れているということは待ち望んでいる人が多かったんでしょう。
実車を知らない若い人にも売れているのかな?



banushiさん

初めまして
私も貴殿のブログを以前より拝見させていただいています。
これからもよろしくお願いします。

2012/02/28 (Tue) 18:57 | りゅーでん管理人 #- | URL | 編集 | 返信

はじめまして。
実はいつも楽しく拝見しております。
このたびのDD54は私も楽しみにしていますが、時間がなくて予約した品をなかなか引き取りにいっておりません。貴blogを見てヴァーチャルに楽しんでおります。
ユーザー取り付けパーツは覚悟しないといけないようですね。

2012/02/28 (Tue) 11:50 | banushi #tgwohGZ2 | URL | 編集 | 返信

造形村DD54

 皆さん購入されたようで、あちこちのブログにUPされていますね。久しぶりのHITかもね。

2012/02/28 (Tue) 00:34 | 工房5丁目 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。