--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007_02
25
(Sun)21:01

鮮魚列車物語

レサいっぱい!

今から40年以上前に国鉄はある依頼を受けた。
朝に下関で上がる魚介類を翌日の東京市場に間に合わないかと。

大型の魚ならば冷凍して運ぶという手段があるが小型魚では
身が崩れてしまって商品にならないので冷蔵で運ばなけりゃならない。
当時の技術では貨車に発電機と冷蔵装置を積載するのは
出来ない事ではないが装置が大型でかつ重量があるので
事実上不可能なのだ・・・。

それまでの冷蔵車は冷却には氷を氷嚢タンクにいれていたが
これでは下関 - 東京間はとても時間が持たない。
そこで当時実用化が始まっていたドライアイスに目をつけ
それを氷に代わって冷却用に使おうと考えたのだ。

ドライアイスに代えれば時間は氷の倍以上持つ。
しかし当時の貨車は75km/h 程度のスピードしか出せず
普通貨物のダイヤでは30時間以上かかってしまう。
さすがのドライアイスもそこまで持たせるのは難しい。

残された手段は一つだった。
高速で走れる専用の冷蔵車を開発し、かつ専用貨として
ノンストップで走るしかないとの結論に至った。
こうして昭和41年に鮮魚特急「とびうお」が誕生する。

特急の名に恥じない最新鋭の空気バネを高速化と魚の保護の為に
採用し時速100km/hで東海道と山陽道を時には寝台特急を
退避させて乗務員の交代以外いっさい停車せずに走るのだ
連日深夜の幹線は人間より魚の到着を最優先させた世界的に見ても
稀なダイヤグラムになった。

機関車も最初こそEF65Fの重連が使用されたが、すぐに高速性に
優れたEF66の登場で取って代わられた。
所要時間も20時間を切り魚流通の歴史は大きく進化したのだ。

だが登場から20年目の1986年に20年の歴史に幕を閉じた。
冷蔵技術も大きく進化し道路の整備によって大型トラックでも
冷却装置を搭載し運べるようになったのだ。
コンテナ貨車も専用の冷却装置つきコンテナの開発で汎用貨車でも
運べるので専用貨の欠点のひとつである帰路の空車回送がなくなり
コスト的にも冷蔵専用貨の生き残る道は無かった。

走行時間が深夜なので実車が走っているのをほとんど見れなかった。
たった一度だけ下りの回送列車(当時は回送なんて知らなかったが)を
豊橋駅のホームで見たことがある。 事故か何かで大幅にダイヤが
乱れていたのであろう。 そしていつの間にか廃止されていた。

-----------------------------------------------------------------

それから20年の月日が流れた2006年春になって新興メーカーから
プラで製品化されたのである。 
過去に別メーカーがブリキで発売していたが30年前の製品であり
中古で数を揃えるのは難しく正に幻の模型と化していた。
私もすぐに買いたかったが財政事情が悪くすぐには買えなかった。

で、最近になってメーカーが再生産したので集めだしたのだ。
(さすがに20両いっぺんには買えない)

ちょうど偶然にも同時代に登場したワキ8000が天賞堂から
発売されたので両車を比べてみよう。
ワキとレサ その1

まずレサであるが新興メーカーの初作としては良く出来ている。
プロポーションの正確さや浮き彫りのメリハリなどツボを心得てる。
床下も走行モデルとしては充分なもので台車の転がりも申し分なし!
そして車番以外の表記が印刷済みなのも両数が必要な同車には
うれしい配慮だ。 

不満を言うとすると妻板のディティールが物足りない。
開放テコやブレーキホースの表現が全く無く良く出来た車体に
不釣合いであるような気がする・・・。
カプラーもKDタイプのマクヘンリーが付いておりなぜか
開放ピンはあえて切断しているようだ。

実車がほぼ固定編成で妻板のディティールなど必要ないと
割り切ったのだろうがせめて緩急車のレムフのデッキ側くらい
テコ表現が欲しい。
後からパーツを追加工作をすれば解決するが数が多いだけに
手間も多いのだ。
価格も1両あたり5000円と大手メーカーと比べれば高いが
これは致仕方ないだろう。 まあがんばったであろう価格。

一方、天賞堂のワキ8000であるが製造はご存知中国の

百万城有限公司!


つまりバックマンである。
長年アメリカ型の貨車を作ってきた同社のこれまでの製品と
同様の構造をこのワキ8000にも採用している。
天賞堂のプロデュースは長年模型作りをしているだけあって
レサで述べてた不満がこちらのワキには全く無い。
ユーザーが求めているレベルを実に良くわかってるのだ。
あえて苦言を言うなら4両セットでの販売しかない為買いにくい
ユーザーが居ることも確かである。

さすが天賞堂と軍配を上げるがこの両製品のように海外生産だと
パーツの分売が基本的に無く、パーツを流用したくても
出来ないのが残念かな。

それにしてもホンの数年前までプラで量産なんて無理だろうと
思われたような種類の車両が発売されたのは嬉しい事である。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。