--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_12
24
(Sat)11:49

工程前点検  その2

64分解後

一線を超えてしまったとか欲を出したばかりに余計な手間を増やしてしまうのは
人生に中では良くあることでして模型工作だって例外ではありません。
床板と一体のスカートのディテール工作のためにギヤボックスと台車以外を
分解してみるといろいろと気になるところが出てまいりました。


64動力装置

その最もたるがこの何だか古臭いモーター。
同じギヤボックスを持つ他の2両(EF60・EF65)が缶モーターだったので
これもそうかと思い込んでましたが、こんな裸モーターの時代もあったんですね。
天のMVー8モーターに外観は良く似てますけど何なんでしょコレ?

実は分解するときに異変に気がついてました。
床板を止めるビスがすべてマイナスで、もしかしたら俺が思ってるより
古い製品ぢゃないのか?と。

そう、80年代以前のビスは小さな物は全てマイナスが普通でした。
まだ小さなプラスビスを作る技術が無かったのか、あっても模型用には高価だった
のかどちらか知りませんが製造年代やオリジナル性を判断する上でひとつの
目安になるのです。



モーター比較

この裸モーター、走行には問題ないので時に交換する必要は無いのですが
手元に旧製品の更新用に常備しているキャノンEN22が有りましたので
交換が可能かどうか比較してみました。

幅は大きく違うものの軸の長さが一緒なので搭載するには問題ありません。
ただしEN22用ブラケットを使うには床板の穴位置を開け直す必要があるのと
軸の高さがやや低いので何だかの嵩上げをしてやらなければならないくらい。



ジョイントシャフト比較

あと、モーターの軸径が違うのでエンドウのユニバーサルジョイントで変換する
必要があるのですが・・・・。
手前がカツミオリジナルで奥がエンドウのジョイントで外径が倍くらい違う。
電機用としてこんなに細くて大丈夫かなとも思いましたが過去に更新した
天の電機でもこのジョイントを使ってて問題ないので良しとします。


簡単なディティールアップを目論んでいるうちにだんだんと工作内容も
投資金額も大きく膨らんできてしまいました。


最初からアクの64買えばよかったんじゃね?


いえ、それ言ったらおしまいです。(´ε`;)

もう一度自分に言い聞かせることにします。

頑張ろうな俺。



スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

これで・・・

この64は「世界で一台」のモノになりますなーv-218

2011/12/25 (Sun) 11:23 | むらまつ つとむ #- | URL | 編集 | 返信

No title

工房5丁目さん

実は動力台車のギヤボックスを台車塗装のため、外そうと
したのですが意外に爪が固くてヒビが入りかけたので
止めました。
このギヤボックスはインサイドやMPと違った独自の
台車枠固定方法なので簡単に交換できるのかな?

台車をN製に取り替えるとなると車軸・車輪も交換必要?

2011/12/25 (Sun) 10:59 | りゅーでん #- | URL | 編集 | 返信

プレゼン

 ついでに台車も取り替えない…。(^^)

2011/12/25 (Sun) 10:07 | 工房5丁目 #- | URL | 編集 | 返信

No title

もう戻れません。^^;

2011/12/25 (Sun) 02:35 | りゅーでん #- | URL | 編集 | 返信

あー

深みにはまってる。^^;

2011/12/24 (Sat) 14:19 | よこやま #pkLhdCmI | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。