--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007_02
12
(Mon)13:54

紙の化身

クモル23050

画像をご覧頂きたい。
かつての豊橋機関区(現運輸区)のヌシと言われた事業用車クモル23。
実車は1両しかないのだがなぜか我が家に2両いる。
実はこの2両はそれぞれ素材や製法が全く異なるのである。

画面右側がホビーモデルのクモニ13プラキットから改造された物で
画面左側がYAMA模型のペーパーキットをベースに精密化した物。
近くで見ても全くどちらがどちらか普通ではわからない程見事に
仕上げられている。
またこの2両はそれぞれ別の模型誌に製作記が掲載されている。

もちろん製作者は私では無い^^;
旧型国電製作の第一人者である村松つとむ氏の作品である。
ここを見れば誰だかお分かりになろう。

    つとむの鉄道模型~紙で作った旧型国電
        http://tsurikake.com/

まず右側のホビープラキット改は遡る事2003年の春に
私が主催する「修善寺花月園運転会」で参加のテーマであった
「非営業車」というお題に合わせて製作された同氏初のプラ改造
作品である。 (雑誌掲載は2005年になってからである。)
出来栄えに感動した私は解散間際まで眺めていてその様子を見た同氏から
「なんなら持ってきます?」
なんて信じられないお言葉を頂いたのですが当時は恐れ多くて申し出を遠慮してしまいました。
それからしばらくは同氏に会う機会も無く日々が過ぎたのですが
2006年の春になって3年ぶりに運転会で会った時に氏はまたもや
このクモルを持ってきたのです。

もう我慢できませんでした。(笑)
必死の交渉のうえ快く?譲渡を承諾して頂いて私の元に来たのです。
そりゃうれしかったですね。^^
実は私は同車の模型が長年欲しかったのですが製品化されたのは
30年近く前の今は亡きメーカーだけだったので中古市場でも
まず出てこなくてあきらめかけていたのです。

で、もう1両のYAMA模型製キットのクモルなんですが
これは別の模型誌の依頼で昨年に製作されているものです。
こちらも縁あって他の人の手に渡ることになったのですが
私が仲介役を引き受けたので一時預かりをしているのです。

せっかくのチャンスなので製作者本人も出来なかった
2両の並びを私の手を離れる前に実現しておきました。
今後この2両が再び揃うことは無いでしょうから。


☆この作品の掲載許可を快く承諾してくれた村松つとむ氏に
 お礼を申し上げます。ありがとうございました。


で、続きがあるんですが・・・
某掲示板で2度とない並びをやるよ! って書いたら
たまたま車両の取材で当地を訪れるという佐藤哲也氏から
連絡を頂いて急遽地元に住む荷31氏と3人で会うことに・・

鉄談義


で、駅前で一杯終えて我が家での2次会の様子です。
画面右の佐藤哲也氏といえば古くはRMM誌で「紙の583系」を
連載し現在はとれいん誌で「紙成模型塾」の講師をしているので
この世界で知らぬ人はモグリと言われるその人です。

私がインターネットを始めた2000年頃からのお付き合いで
初めてネットで知り合った人で実際にお会いした人です。
お互いの住まいは離れているのですが修善寺の運転会を始め
コンベンションやホビーショーなどのイベントで年に2~3度は
顔を合わせております。

左側は私の地元の同級生である荷31氏。
実は中学卒業以来20年以上お付き合いが無かったのですが
某鉄模掲示板で再会して以来再びお付き合いしています。

夜遅くまで飲んで語り明かして・・・

当然のごとく二日酔い(>_<")
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T


2ショット、感激です。
ありがとうございました。

2007/02/13 (Tue) 22:51 | 村松つとむ #5RRdFj/s | URL | 編集 | 返信

ヒゲのお方を、一瞬秋篠宮様かと思ってしまいました。

2007/02/12 (Mon) 22:48 | TEXAS #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。