--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_12
05
(Mon)05:39

あえて古い方を選ぶ

カツミ64

16番鉄道模型のブログやホムペで今最も話題なのが先週発売されたアクラス64。
JAMにて展示された試作品を雑誌で見て「なかなか良く出来てそうだな」と
思ってましたが新興メーカーのプラ製品には拭いきれない懸念があって何気に
仲間内のメーリングリストで「あれならカツミの古いのいじったほうが楽しいかな」
とボソったら、それを聞いていてちゃんと覚えていた人がいたんですね。

という訳で先日の花月園で当区のカマと交換してやってきたカツミ製EF64。
80年代中期~後期と古いのですが話によると模型屋のデッドストックとして
残ってたもので走行歴の無い新品状態とのこと。


64台車

初期のインサイドから脱却し一時期使われたカツミオリジナルの動力ユニットで
この車両の製造年代がある程度絞り込むことができます。
インサイドと違って調整不要で静かだしMPほど静かでもないが華奢でもない
当時としてはなかなか良くできたユニットですがほんの数年で消えました。


64パンタ

車体は70年後期の初代のままですがガッチリと組まれており顔も良く似ていて
特に手を入れる必要はありませんが各部パーツは時代を感じさせるものがあり
現代の製品と並べるにはちょっと違和感があるので交換していこうと思います。

その最もたるがこのパンタグラフで今はもう見られないハトメ関節タイプ。
ここはさすがに現代の部品に換えてスッキリさせてやりたいところ。
で、外したパンタはどうするかというと今でもこの手を愛用される方が
仲間内にいらっしゃるので次回の運転会の時にでも差し上げるつもり。



64スカート

スプリングを巻きつけて塗装したようなエアホースも交換対象。
最近の実車を見ると片側だけで5本も付いてるので前後で10本必要です。
パンタが2基で約6000円、ホースが10本だと4本入が3つなので約2000円。

う~ん安く済みそうにないな。(;´∀`)

あ、ナンバーインレタも切れてるわ・・・


64台車2

後は鋳型から取り出したままの台車とキラキラメッキの車輪の塗装くらいかな?

あくまでも予定ですがクリスマス頃までになんとか部品を調達して
年末年始の連休にじっくり取り組むつもりです。





スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。