2011_11
30
(Wed)17:52

2011秋 花月園運転会報告  その2

さて今回からは参加されたモデラーの持参車両を数回に分けて紹介します。
相変わらず修正してもヘタ丸出しですし幹事業の合間を見て撮っているので
画像は悪いし全参加車両の2~3割程度しかご紹介できませんが。


DD54再生

一見、普通のエンドウ製DD54なんですが私のところでギヤが割れて休車してたのを
親子鉄の「親」が動力機構を一新し13mm化して「子」のところでウェザリングして
再生したもので11月発売の模型誌に登場しています。現在は常悦線に所属。
もちろん13mmなので本線は出れず机上の試運転線でお披露目のみ。


宮沢D50

宮沢製品がベースですが徹底的に手が入れられ別物に生まれ変わったO氏制作のD50。
大量生産時代のやっつけ仕事で有名な同機ですが、ちゃんと組み直せば素晴らしい製品
になるという好例の一つ。



カツミC51改

これも元は私のところにあったものだが出番がないので蒸機好きなD氏の元へ転属。
新たに門デフ・給水温め器を装備して動輪を含む車輪を総取替しテンダーも振替と
大手術を経て蘇ったカツミの60年代製品のC51。


KATO58改

どなたの所有機か失念してしまいましたがKATO製EF58を小窓化改造しています。



EC40

懐かしい人には懐かしい鉄道模型社製のEC40が2両。
神戸から参加のM氏の作品で本線上でも快走してました。



ムーミン

F氏が入手して間もないムサシノ製EF55が「ばんえつ物語」の客車を牽引。
実際にこの組み合わせがあったのか知りませんがそれなりに似合ってます。



フリー電機

アルモデル製B凸キットを組み立てて米国型の貨車を国産風に改造し「工事列車風」
に編成したのは何でもオレンジ色に塗らねば気の済まないY氏の作品。




まだまだ続きます。



スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント