--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_11
27
(Sun)21:09

2011秋 花月園運転会報告 プロローグ

パンクじゃ

11月25日午前6:40 花月園に向けて自宅を出発しました。
三ヶ日インターから東名高速に入り、当初は順調に走行していたのですが
入念に整備したはずの愛車にトラブルが突然襲ってきたのです.

それは午前9:00頃のことでした。
最初のトイレ休憩に寄った日本坂PAを出発し目の前に東名高速では
最長を誇る日本坂トンネル入口を目の前にした時に発生したのです。

突如、右前輪からの異音と振動が・・・・
運転席からでは原因が解らず、かといって既に車はトンネルの中なので
停車して確かめるわけにもいかないので、とりあえずハザードを点けて
後続車に減速意思をしたあと最低指定速度50km/hまで減速して
なんとか無事にトンネルを抜ける事が出来ました。

早速、車を路肩に停車させ三角表示版を設置したあと原因究明開始。
タイヤを見ると1cm四方のゴムブロックに2mm径のピンが付いた異物が
グッサリとタイヤパターンに刺さっています。
南無三と願いながらピンを引き抜くと・・・(-∧-;)

ぷしゅ~と音を立てて空気が抜け始めました。

こうなればもうタイヤを交換するしか方法がありません。
幸い応急用テンパータイヤを搭載する車種だったので落ち着いてJAFに電話。
いえ、タイヤ交換ぐらい長年自動車産業に携わる私には簡単なことですが
場所が高速道路上で、しかも走行車線側のタイヤなので危険極まりないと
判断しプロにお願いすることにしました。

☆最近の車にはテンパータイヤが無く応急用のスプレーが付属するものが
 ありますが今回のような大きめの穴の場合全く役に立ちません。
 予備タイヤは必ずオプション価格を払ってでも装備しましょう。^^b


さっそく車を降りてガードレールの内側に避難し救援を待つことに。
11月とは言え、この日は天気が良く暖かくて外での待機も苦にならず
体に負担が掛からなかったのは不幸中の幸いでした。
これが夜だったり雨だったりしたらと思うとゾッとします。

電話から30分程でJAFの救援車が到着し安全確保のコーンを置いて
作業開始し20分ほどで無事交換完了し再び走り始めました。
しかし応急に履いたテンパータイヤは距離にして100km程度が限界です。
帰りのことを考えれば取り外したタイヤを修復する必要があります。

沼津ICまで慎重に車を走らせ、一般国道に出たところで普段利用する
系列のガソリンスタンドをナビの機能で探し出して向かいました。
スタンドに着いて事情を話し、タイヤを見てもらったところ修復可能
とのことでテンパータイヤは役割を終えて元の状態に戻りました。

結局このトラブルで1時間半程のタイムロスをし、気分も憂鬱になりましたが
応対してくれたガソリンスタンドのお姉ちゃんがとっても可愛くて
しかもとびっきりの笑顔でしたので幾分癒されました。^^A

パンクが無ければ見れなかった笑顔なんだ。

とポジティブ思考に(場合によっては脳天気とも言う)頭を切り替えて再出発!!
さあ、鉄道模型の楽園「花月園」はもうすぐです。



つづく



スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。