--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_11
01
(Tue)05:13

夫婦珍道中 穂高宿泊編

穂高岳の紅葉を満喫したあとは今夜の宿に向かいます。
ロープウェイに来た時の道を少し戻ったところにある穂高荘 山月さん。

山月 お部屋

さすがに一泊目ほど贅沢は出来ないので部屋のグレードは落としましたが
それでもシーズン中の観光地の週末とあってそれなりにお高く一人あたりお値段は

アクラスの客車、定価で3両分くらい。
わかりやすい人にはわかりやすい例えかな? ^^;

ランクダウンしたと言っても12畳の和室に広縁が付き、二人では充分な広さ。
前泊と比べて専用露天風呂、食事室、大画面テレビが無くなっただけで不便は無いし
7階の窓から見える眺望はなかなか壮観です。

座椅子の肘掛に体重かけてもたれたらバキッと音がしたのはご愛嬌。^^



貸切露天風呂

部屋に露天風呂は無いのですが玄関を出て道を挟んだ向かいに貸切露天風呂があり
別料金らしいのですが夫婦の記念旅行と聞いてか無料でサービスしてくれました。
かあちゃんと二人っきりで風呂入るなんて何年ぶりだろう・・・。
30分ほどの入浴を済ませて部屋に帰るとちょうど夕食の時間です。

ちなみに翌朝はこの山荘の別館にバスで10分ほど乗って川沿いにある大きな露天風呂
に行くサービスがあり、利用しましたが一般客開放の混浴なので撮影はNGです。
(混浴といっても女性は全身を覆う専用のバスタオルを使いますので見え・・・)


この旅館は食事は部屋食ではなく専用の食事処で頂きます。
と言っても部屋ごとに仕切ってあるので隣の声は聞こえますが視線は気になりません。
席について待っていると妻がなにやら言ってきます。

「口コミで、食事量が多いって評判なの。」

昨夜の顛末が目に浮かびますが頼んじゃったものはもう変えられない。
もう玉砕覚悟で挑むだけでございます。(~_~;)


前菜 2

闘いは静かに始まりました。
昨夜の飛騨牛コースでしたので今夜は「キノコづくしコース」を選択。
前菜は茶碗蒸しを中心に一口サイズの軽目のジョブをビールで流し込みます。


土瓶蒸し2
お刺身
松茸入り牛鍋

土瓶蒸し・お刺身・松茸入り牛鍋と敵も手を緩めませんがここで一旦ゴング。



ワイン

ちょっと余裕かまして見せる為(誰にだよ?)、ハーフサイズのワインを追加。
カリテラ・レセルヴァ・シャルドネと最近お気に入りのチリ産ワインで和食にも合う。
下界なら700円で買えるワインも山奥の旅館では1600円! まぁしょうがない。



お口直し
焼き松茸
きのこ鍋
きのこご飯

闘いは後半戦。
お口直しに2品ほど器が出たあと(なんだっけコレ? 忘れた)
焼き松茸・きのこ鍋・松茸ご飯と怒涛のように料理が押し寄せてくる。

もうね、美味いやら苦しいやらで

ここまで来ると満腹信号が出て、胃と脳の我慢比べになってきます。
更にこの後、きのこ鍋の残り汁を使った雑炊となるのですが昨日のこともあって
妻も私も雑炊を鍋半分残してギブアップ!!

デザートなんかもう味わかりません。

食後は館内のバーでお酒を・・なんて思ってましたが諦め
おとなしく部屋に帰って寝ることにしました。

旅館料理の「づくし」って怖いっす・・・



次回は旅行最終日3日目です。




スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

No title

おはようございます。

拝見したところ非常にすばらしいお宿で、気になりました。

実は毎年同窓会があり、今年は熱海でしたが、来年は静かな温泉宿にしようか…という話がありましたので、ぜひこの穂高荘さんと、下記事にありました高山のお宿を参考にさせていただきます。

2011/11/01 (Tue) 08:24 | T-Jet! #L.tl89xo | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。