FC2ブログ
2007_01
28
(Sun)15:47

相変わらず修理ばっかり

モーター換装中

私の勤める業界は1~3月は非常に忙しい時期です。
普段の週休2日は無くヘタすれば日曜の朝まで夜勤して
翌月曜の朝から昼の勤務なんてこともありまして唯でさえ工作の
進まない私が1年中で最も停滞してしまう時期でもあります。

それでも運転会の時期はやってきます。
何も新たに走らせたい車両が無いのでは寂しすぎますので
すこしでもと思い古い車両を引っ張り出しては整備しています。
で、画像は半年ほど前に登場した中村精密製のED19。

前回では外見のみの整備に留めたのですが、いくら調子が良いとは
言っても4半世紀以上前の製品ですからそれなりです。
最大の問題はこの製品はコストダウンの為か2つある台車の片側にしか
モーターが載っておらず全6車輪中2輪しか駆動しません。
実際に走行させてみても動きはスムーズなんですが力がありません。

しかしこの中村精密というメーカーは非常に親切な構成で
モーターの付かない台車にもあらかじめギヤが組まれており
モーターに付けるウォームギヤまで同梱されているのです。
つまりすぐに動輪の全軸駆動化ができるのです。

ただモーターの入手が問題でした。
当時の縦型モーターは当然生産しておらず運よく中古があっても
旧型モーター2台では消費電力が多くなり騒音も倍増。
で、最近の缶モーターに換えるわけなんですがインサイドギヤ機なので
最近の製品みたいにモーターを寝かして搭載できません。
縦にすると天地寸法が低く屋根裏に当たってしまいます。
まあ、この当時の製品では缶モーターは考えられてなかったし
モーターも軸方向に長くなるのは当たり前ですから仕方ないこと。

そんな時に私のブログを見て運転会の常連で関東在住のO氏から
「使えるモーターあるけど送ろうか?」と言う大変ありがたい
メールを頂いたのでご好意に甘えることにしました。^^

送られてきたモーターを見るとよくヤフーオークションで
「旧製品のレストア用にいかがですか?」と出品されているモーターと
同じもののようで一個当たり600円の値段が付けられているが
O氏によると実際には秋葉原でワゴンに盛られている一個100円
程度のものとのこと。

そんな安いモーターでも性能はすこぶる良くて模型界でも愛用者は
多いとの事だ。 試しに早速通電させてみたが確かに良さそうだ。
さっそくED19に搭載してみたのが画像のようになった。
ただしモーターがあればそのまま付くと言うのではなくて
実際にはモーターの他に軸径を補正するパイプや台枠に干渉しない
ようにアダプターボルトなども一緒に送って頂いたので
それらを駆使工夫をして取り付けることが必要になります。

画像の状態になった時点で線路に載せて通電すると・・
嘘みたいにスムーズに走行します。
これで蘇ったと喜んで仮止めした結線に半田で固定してると
コテを長く当てすぎて・・・

片方のモーターが死んじゃった。(TT)

で残念ながら秋の運転会では出場せず。
その時に再び分けて頂いたモーターで今回の再度交換となりました。
春の運転会では貨車牽いてデビューの予定です。

それにしても人から譲ってもらったものくらいちゃんとしろよ自分。
スポンサーサイト



C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック