FC2ブログ
2011_10
02
(Sun)08:58

諦めてません

プラ素材

「銀河」用のスハ・スハフが完成したところで昨日発注者の抜き打ち訪問による
出来栄え審査があり無事合格のお墨付きを頂いたので一安心致しました。
完成とは言っても14両編成の内の最後尾の2両だけで残り12両あり
期限は設けられていないものの「早う完成が見たい」と目が語っておりましたが
自分のことも進めにゃならんので一旦休工。

画像は先日「うなぎ模型」に行ったときに見つけてきて購入したもの。
商品名の通り、プラ素材で厚さがプラペーパー並みの0.14mmに幅が0.5mmと
非常に薄くて非常に細いもので色がグレーに着色されています。

これでお値段400円!とプラ素材としては結構高価です。
いくら高くても代わるものが無い以上、頼らざるを得ませんので購入。
それにあくまでも素材なので私の用途ではこのままでは使えないのです。


色入れ

色がグレーですが私が欲しいのは銀色なのでガンダムマーカーを使って色入れします。
素材自体が成型色ではなく塗装されたものなので脱脂の必要がなく色が乗りやすいです。
なぜ判るかと言うと切り口を見れば中央は白いからそれとわかります。

んで、何に使うの?ヽ(`Д´)ノ

このブログを見ていらっしゃる方の中に気づいた方がいるかも知れませんが・・・


ドアレールの再現

以前少し記事にしたエンドウ製51系客車の客用扉ガイドレールの表現です。
今回の素材に行き着くまではいろんな方法を試しましたが上手くいきませんでした。
メッキテープでは0.5mm幅に切り出すのが困難だし真鍮帯では厚すぎる。
何かいい方法はないかと考え、探し続けてようやく答えを見つけたのは
「うなぎ模型」から送られてくる商品入荷情報のメールでその一文にこれがありました。

次回11月の運転会のイベントに「形式51大集合」ってのを企画してまして
この赤い客車もそのものズバリの形式ですので是非出場させるべくこれから突貫工事
に入ります。 どうやってこれを車体に固定するかという問題も残ってますが。


なんとかなるでしょう!


いや、しなければ。( ^ω^)






スポンサーサイト



C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント