--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007_01
21
(Sun)18:38

ひさしぶりです。

飯田線シリーズその1

随分久しぶりの更新となりました。
実はログインのパスワードをど忘れしてしまいまして管理メニューに入れなかったのです。
トシは取りたくないですね・・

ようやく思いだして戻れたものの、この2週間ばかり忙しくて
工作もほとんど進んでいないので、こんな時のお助け企画である
飯田線コレクションシリーズ第5弾をお届けします。

画像は1995年に発売されたエンドウのその名も「飯田線シリーズ」
2両セットで形式違いのA~Cセットの3種類と荷電の単品2種類が
発売されました。(画像はCセットでクモハユニ64とクハ68)
戦後型の72系や80系は各社から完成品が発売されてますが
戦前型の完成品は半世紀に及ぶ16番スケールでもかなり珍しい。
しかもウルサ形のマニアの多い飯田線の車両が大手の量産メーカーから
発売されたことは当時ちょっと話題になったものだ。

そこんところはエンドウも判っていてこの製品の為に通常の量産品
よりかなり手間をかけているのがわかる。
2段窓、2段雨どいの表現を初め台車は新規で起こしているし
ヘッドライトはロストの鋳造品をわざわざくり抜いて点灯するように
している。だがその手間が価格に反映されて・・・

2両で12万オーバー!(;゚д゚)

と当時としては凶悪な価格を付けて来た。
で、発売してみたらこれが売れないのだ。
私程度のモデラーにはわからないがウルサイ人に言わせると
「似ていない」からだと言う。
少なくても沿線に住んでいて世代的にも実車を見ている私が
気にならないほどのことでも彼らには気になるらしい。
まあ、確かに最高の値段で出すなら最高の模型でないとと言うのも
わからないでもない。

量産メーカーとしてはかなりがんばったが残念ながらユーザーの
求めるところに及ばなかったってところだろう。
この手の車両は当時でも特製品でオーダーメイドすれば
30万でも50万でもしたもので、さすがにそこまでは手の出ない
ユーザーを対象にしたのだろうが、そこまでお金を出すなら
他に欲しいものにも手が届くので順序が後回しになってしまった。
この後に最高峰でもあるクモハ52も予定されてたが
あまりにも売れないのでオクラ入りとなってしまったのだった。

私が所有するのは後年になって中古品として市場に出たもの。
元が元だけに安くは無いが定価の6割程で入手した。
さすがに発売当時の定価では好きな電車でも手も足もでない。
その後10年間に同社から発売された車両でも1両6万超えなんて
ほとんど無い。

メーカーでも気負いすぎると失敗するという好例。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

gamera63さん初めまして!
管理人のりゅーでんです。
じゃり鉄さんとは昨年夏に大阪で開かれた国際鉄道模型コンベでヨネカンさんより紹介して頂きました。

別スレで私の工作部屋を公開してますが本来あの茶色の板の部分は線路を敷く為であり部屋を1周できるようになってますが線路にまでお金が回らず未着工のままです。

これからもよろしくお願いします。

2007/01/24 (Wed) 20:43 | りゅーでん管理人 #- | URL | 編集 | 返信

はじめまして。

jaritetuさんのリンクから入らせていただきました。
飯田線の旧型車両。いいですねー。高校時代、まだこのスカ色のクモハ52が走っていて、水窪?でしたか、川を渡りそうで渡らない鉄橋を走る写真が雑誌に載ってました。当時旧国は風前の灯で、大阪に住んでいた私は友達と乗りに行こうと計画したのですが、実現せず、クモハ52は引退してしまいました。
 確かに今、ブラスの車両は高くてなかなか手が出ません。私がHOを始めた1969?当時は、カツミのEF66完成品インサイドギア2モーターが9950円、クモハ103同2モーターが4950円、クハ103が3150円という時代でした。なぜかこの三つだけ、鮮明に覚えております。
 今、レイアウトを悪戦苦闘して作っております。完成する日を夢見て。。。(^^ゞ

2007/01/24 (Wed) 08:56 | gamera63 #- | URL | 編集 | 返信

というより

足元見過ぎて失敗した方だと思うけどな。
まぁ、あっち見てればそういう気にもなるだろうが、背負っている看板が違うことに気づいてなかったとも。
何事も自分のたち位置をしっかり把握してやらないといけないってことです。ハイ

2007/01/24 (Wed) 00:16 | てつ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。